anipo(アニポ)はもう見れない?代わりのサイト・ウイルス感染危険度

「anipo(アニポ)」で無料でアニメを見させろ!

実際のところもう使えない…?

URLを教えろ!早く見させろ!

アニポで、

物語 シリーズ(終物語 化け物語)、ソードアートオンライン、ひぐらし、リゼロ、グリザイアの楽園、あひるの空、鬼滅の刃、ワンピース、ナルト、ボルト、ブリーチ、鋼の錬金術師、君に届け、黒子のバスケ、スラムダンク、進撃の巨人、暗殺教室、七つの大罪、トーキョーグール、キングダム、ダイヤのA、転生したらスライムだった件(転スラ)、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)、ハイキュー!!、約束のネバーランド、ワンパンマン、カイジ、コナン、コードギアス、こち亀、まどマギ、ジョジョ5部、アンパンマン、あの花、あひるの空、ブラッククローバー、ちはやふる、中華一番、イナズマイレブン、イニシャルd、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術、犬夜叉、異世界魔王、clannad、うたプリ、宇宙兄弟、うまるちゃん、ドメスティックな彼女、デジモン、ダンまち2期、エウレカセブン、炎炎ノ消防隊、エヴァンゲリオン、おそ松さん、えみやさんちの今日のごはん、攻殻機動隊、銀魂

1.アニポ(anipo)とは?

アニポ(anipo)とは違法アップロードされた漫画が、無料で視聴できる情報まとめサイトになります。

主に人気のアニメを中心に数々の作品が無料で視聴できる事から、日本ではかなりの利用者がいました。

根強いファンが今もなおいる為、サイト自体が閉鎖されても同じような類似サイトが次々に出現しています。

その為、製作者側ではかなり問題となっている海賊版サイトでもあります。

実際にアニポでアニメを視聴する行為は、作者を冒涜している行為です。

同時にアニポ自体からアニメをダウンロードするだけで、法律違反の対象になります。

また、アニポの添付されているリンク先にはデバイスがウィルス感染する危険性もあるので、視聴するだけでもリスクが伴いますね。

1-1.アニポは違法アップロードアニメサイト

2018年2月に政府の配慮により日本では、海外サイト等の海賊版サイトに分類されるページへのアクセスが規制されました。

アニポ自体も例外ではなく、2018年2月からサイト自体へのアクセスが出来なくなっています。

しかし、その後アニポに似たようなサイトが数多くネット上に出現しています。

実際には全ての海賊版サイトを取り締まる事ができていない、といっても過言ではありません。

アニポを始めとした海賊版サイトには、アニメ事に作品がダウンロードできるリンクが貼り付けてあり、ユーザーは一度PCにダウンロードしてから視聴する形となります。

アニポのような海賊版サイトからダウンロードする行為自体が違法なので、見つけても絶対にしないようにしてください。

1-2.運用自体は外国人が広告収入目当てで行っている

アニポのような海賊版サイトは基本的には、日本のサーバー等は使用していません。

そのため、海外のサーバーとドメインを使って運営されています。

理由としては海外サイトであれば、日本の法律が適応されないからですね。

運者側は日本人をターゲットにし海賊版サイトを海外で運営しながら、アクセスを集めて広告収入で収益を得ているというわけです。

実際に無料アニメや漫画サイト等へのアクセスは、月に数百万PVとかなりの数のアクセス数を集める事ができます。

そのため、運営者が得ている広告収益もかなり高いと思われますね。

また、アニポとは別に”漫画村”と呼ばれていた漫画が無料で読める海賊版サイトも、ネット上に存在していました。

しかしながら、運営者は2019年7月にフィリピンで捕まっています。

当時の漫画村の運営者は、”星野ミロ”という方でした。

国際指名手配されていたらしく、フィリピン当局に拘束され日本に強制送還されました。

一部ネット上では

「アニポも星野ミロが運営していたのではないか?」

と噂されていますが、実際には定かではありません。

ちなみに星野ミロの経歴は以下の通りです。

東京地検からは損害賠償金として、1億7,000万円の支払いを要求されています。

星野ミロの件で海賊版サイトでも捕まるということの、良い事例になったのではないでしょうか。

1-3.視聴者は主に無料でアニメが見たい日本人

アニポのような海賊版サイトの主なターゲットは、外国人ではなく日本人です。

実際にサイトをリサーチすると利用者の約9割以上は、日本人であるとされています。

海賊版サイトを運営している人が確かに一番悪いです。

しかし、実際にそれを利用してアニメや漫画を無料で視聴しているユーザー側にも、罪があるのです。

利用者であるユーザーがいなくなれば、アニポのような海賊版サイトを運営している意味がなくなり自然消滅するはずです。

しかしながら、アニポや漫画村のような海賊版サイトには根強いファンがついています。

その為、一度サイトが閉鎖されてもまた新しい海賊版サイトが、次々に現れるのです。

いくら国や業界が規制をかけたり呼び掛けたりしても、サイト自体を支えているといっても過言ではないユーザーがいなくならない限り、海賊版サイトは消滅しないでしょう。

2.アニポの現状

アニポや漫画村等の海賊版サイトが2018年2月に規制されてからは、複数あったドメインのうち大半のものはアクセス自体ができなくなりました。

中には、サイトにアクセスするだけでウィルス検知される、かなり危険なものもあります。

現時点でまだアニポにアクセスできるドメインは、絶対にクリックしないようにしてください。

また、アニポの偽物のような類似サイトも数多く出回っています。

その為、リスク回避の為にも個人で調べたりといった事は、しないようにしましょう。

2-1.現在はアニポは見れないようになっている

現在アニポは実際にサイトへアクセスしても、視聴できないようになっています。

代表的なドメインである「anipo.jp」や「anipo.tv」へアクセスしても、以前のようなアニポのサイトが表示される事はありません。

(出典:anipo.tv)

実際にアクセスすると赤い警告ページが表示される事からも、かなり危険な印象を受けると思います。

「anipo.jp」は2018年2月に閉鎖されていますが、同じように「anipo.tv」も2018年12月にサイト自体が閉鎖されています。

2-2.アニポが復活することはない

政府の規制が2018年2月にかかった後に、アニポのサイト自体が閉鎖されその後も、ドメインを変えて復活したかのように思ました。

しかし、復活したサイトへはすぐに、アクセス出来なくなっています。

アニポや漫画村といった有名な海賊版サイトは、今後も復活する事はありません。

しかしながら、同じようなサイトは今でも数多くネット上にありますので、絶対に使用しないようにしてください。

海賊版サイトは実際に大きな社会問題となっており、運営者である方々は政府の厳しい規制から個人を特定され逮捕者も年々出てきています。

実際に海賊版サイトを利用しているユーザー側も有罪ですので、安全に視聴する為にも正規の方法でアニメや漫画を視聴するようにしてくださいね。

2-3.今後アニポに変わるサイトが現れても視聴は危険である

アニポには複数ドメインが存在する事は前述しましたが、実際にアクセスしたらどうなるのか気になりますよね。

代表的なアニポのドメインとしては、主に3つあります。

  • anipo.jp:アクセスできないエラーページが表示される
  • anipo.tv:警告ページが表示されるが、次へ進むとアニポにアクセスできる
  • anipo.link:アニポに直接アクセスできる

結論からいうと「anipo.link」だけはまだ、アニポに直接アクセスできるようになっています。(2020年2月現在)

一応「anipo.tv」でも警告ページの先へ進むとアニポへはアクセス出来るようですが、かなり危険な感じがします。

実際に試して頂けたらお分かり頂けますが、絶対にアクセス先のアニポからアニメをダウンロードして、無料視聴しないようにしてくださいね。

ウィルス感染の危険性がある上に、違法ダウンロードである為です。

3.アニポのみんなの意見

アニポのSNS(Twitter)での口コミを調べてみると、本当にサイト自体が使えなくなったのは事実のようです。

アドレスからアクセスするとアニポ自体のサイトは表示されますが、サービスの利用自体はできないようです。

その他、海賊版サイトという事もありやはりデバイスに感染するウィルスは、検出されています。

一部の方が自身のスマホやPCに、異常をきたしているみたいです。

違法ダウンロードもしかりですが、ウィルス等のリスクを考えるとやはり合法のアニメアプリや、漫画アプリを活用した方が良いという事でしょう。

3-1.ツイッター

アニポのような海賊版サイトは、”リーチサイト(誘導サイト)”とも呼ばれています。

実はサイト自体には危険性はあまりありません。

アニメごとにダウンロードできるリンクを複数貼り付けて、リンク先にzipファイルのような圧縮ファイルをダウンロードできる外部サイトが用意されています。

外部サイトへアクセスを促しアニポからは直接ダウンロードしない為、表向きは違法行為ではないとサイト自体にも明記されています。

しかしながら、勿論アニポのような海賊版サイトの運営は悪い事なので、運営者が特定された場合には逮捕される訳です。

勿論、違法ダウンロードしたユーザーも有罪です。

アニポを支えていた根強いファン達からしたらサイトが閉鎖された事で、無料でアニメが視聴できなくなったようですね。

しかしながら、アニポ等の海賊版サイトで無料視聴しているユーザーがいなくならない限り、アニポのようなサイトはこれからなくなる事はないでしょう。

利用するしないは個人の自由ですが、アニポ等の海賊版サイトを利用しても作者側には1円もお金が入ってない事を理解しておいて下さい。

<blockquote class=”twitter-tweet”><p lang=”ja” dir=”ltr”>はあぁぁぁあ<br>アニポ調子悪い?!?!?!?!<br>ワイのAndroidめっちゃウイルスに感染するから<br>何個もクリーンアプリDLさせられるwwwwww</p>&mdash; とっとこハム太郎 (@airan0331) <a href=”https://twitter.com/airan0331/status/939736296838201344?ref_src=twsrc%5Etfw”>December 10, 2017</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

アニポや漫画村等の海賊版サイトには、個人情報を抜き取るような悪い手口や、ウィルス等が仕組まれている危険性が極めて高いです。

実際にデバイスがウィルスに感染しても、本人がすぐには気づかない事が多いので、極めて悪質と言えます。

ウィルス感染して個人情報を悪用されないようにする為にも、アニポや漫画村等の海賊版サイトは利用しないようにして下さい。

3-2.2ch

2chでの「アニポ」に関するスレッドは今はどれも削除されており、これといった口コミや評判等は見当たりませんでした。

政府の規制により2chの方も監視の目が厳しくなった事も、一つの要因として考えられますね。

また、今は2chへの匿名の書き込みでも本人特定が用意に出来るので、誰も触れないのかも知れません。

誹謗中傷などもネット上で大変問題になっており、社会でも大きく取り上げられる事がしばしばあります。

匿名であってもIPアドレスで特定されるので、誹謗中傷や海賊版サイトの利用を促す行為は、絶対にしてはいけません。

4.アニポが見れなくなった3つの原因

  1. 社会問題となり日本政府が取締りを行った為
  2. アニポ自体が違法サイトだった為
  3. 利用しているとウィルス感染する危険性もある

アニポが使えなくなった原因としては、一番に海賊版サイトが社会問題となり、日本政府が規制を本格的に行った事が大きな理由です。

アニポ自体は元々違法サイトだった為、サイト自体が閉鎖されるのは時間の問題でした。

実際に海賊版サイトを利用して、違法ダウンロードしているユーザーも悪いと言えます。

その他、アニポのような海賊版サイトには必ずウィルス感染する危険性がある為、利用自体もおすすめしません。

4-1.社会問題となり日本政府が取締りを行った為

アニポや漫画村といった海賊版サイトは昔から存在しています。

当時から無料でアニメや漫画が気軽に視聴できる事から、利用の中では大変人気のサイトとして扱われていました。

海賊版サイトの運営側もリンクを貼り付けておくだけで、膨大なアクセスが集まるのでかなり収益は得ていたのではないでしょうか。

稼げる事が分かると同じような海賊版サイトが大量に出回った為、漫画やアニメの業界ではかなり問題となっていました。

その後、社会問題となったのをきっかけに日本政府も、目を背けなくなりました。

その為大々的な対策として、海賊版サイトへのアクセス規制を行ったのです。

4-2.アニポ自体が違法サイトだった為

アニポや漫画村のようなリサーチサイト(誘導サイト)は、一見するとリンクを集めただけの無害な海外サイトのように思ます。

しかしながら、リンク先には違法ダウンロードできる外部サイトや、個人情報を抜き取られる恐れがあるウィルスなど危険要素がかなり多いです。

違法行為を促すサイトとしてアニポや漫画村は、閉鎖まで追い込まれた訳ですね。

実際に利用者もかなり多かった為、今でも根強いファンがいる事は確かです。

復活しては閉鎖されてを繰り返している海賊版サイトではありますが、利用するユーザーがいなくなれば運営している意味がなくなるので、絶対に利用しないようにして下さい。

4-3.利用しているとウィルス感染する危険性もある

アニポや漫画村のような海賊版サイトでは、ウィルス感染する危険性がかなり高いです。

主に違法ダウンロードした時に一緒に、ウィルスも紛れてダウンロードされる事が多いです。

ダウンロードした時には全く気づかないので、かなり悪質でもあります。

デバイスに及ぼす主なウィルスの症状としては、大きく分けて9つあります。

<デバイスがウィルス感染した時の主な9つの症状>

  1. バッテリーが以前よりも早く消耗してしまう
  2. スマホの場合は通話中にノイズが聞こえる
  3. スマホの発信履歴に記憶にはない履歴が残っている
  4. ネットサーフィンしているとポップアップ広告が大量に出る
  5. 知らないアプリがインストールされている
  6. デバイスが熱を持ちやすくなる
  7. スマホの場合はパケット通信料が知らない間に増える
  8. スマホの使用料金に謎の請求が来る
  9. デバイスの操作が頻繁にクラッシュする

デバイスがいつもと何か違う動作をしているなと感じたら、ウィルス感染している恐れがあります。

その際はお近くのショップで、相談してみて下さい。

また、ウィルスの予防策としては海賊版サイト等を、活用しない事に尽きますね。

5.復活したアニポでのアニメ視聴も危険過ぎる…その理由とは?

ネット上ではたまにアニポが復活した、などの口コミを見かける事があります。

アニポのような類似サイトは同じように利用すると、ウィルス感染や違法ダウンロードに該当するのでかなり危険です。

海賊版サイトのファン達からすると無料でまたアニメや漫画が視聴できる為、大変嬉しいことかも知れません。

今の現状からしたら類似サイトが閉鎖されるのも、時間の問題です。

5-1.2018年2月に完全にアニポへのアクセス遮断

アニポへのアクセスが完全に遮断された後に、複数のドメインに新たに変えて運営しているところもあります。

しかしながら、ドメインを変えたところで危険性は同じなので、絶対に利用しないようにして下さい。

実際に海賊版サイトから違法ダウンロードした場合の処罰は、法律で2年以下の懲役か200万円以下の罰金が適切であると定められています。

参照元

一回の違法ダウンロードで、200万円も支払わないといけないリスクがあるのです。

それなら月額数百円の安全なアニメアプリや漫画アプリを、活用した方が良いでしょう。

<おすすめのアニメアプリ>

  • dアニメストア(アニメ見放題サービス)
  • アニメ放題
  • ピッコマTV

5-2.アニポはウィルス感染の危険性がある誘導サイトである

アニポに関わらず漫画村等の海賊版サイトの多くは、”誘導サイト”と呼ばれています。

誘導サイトとは海外アップローダーが、ネット上に違法アップロードしているリンクを集めたサイトです。

(出典:http://13dl.net/)

“download”などのリンクが多数添付されており、リンク先には違法ダウンロードできる外部サイトが用意されている訳です。

中にはリンク先がファイクページだったりして、クリックしただけで知らない間にPCやスマホがウィルス感染する危険性も極めて高いです。

リスクを犯してまで無料でアニメや漫画が視聴したい方は別ですが、常識から考えて合法的で安全な有料アプリを活用した方が、コスパが良いのは明らかですね。

5-3.アニポからダウンロードを行うと違法で罪に問われる

何度も言うようにアニポや漫画村等の海賊版サイトから、アニメや漫画をダウンロードした時点で、違法行為に該当します。

無料で視聴できる海賊版サイトではありますが、その裏には大きなリスクを背負っている事を決して忘れてはいけません。

また、海賊版サイトを利用する事で作者達が膨大な時間と労力をかけて作った作品が、報われることもありません。

ですので、決して利用しないようにして下さい。

これからの日本の漫画文化を支える為にも、書店でコミックを買ったり有料のアプリを活用したりして、少しでも作者にお金が入る合法の手段を活用しましょう。

6.アニポと類似のサイトを紹介

  1. AniTube.biz
  2. AniDL
  3. GoGoAnime
  4. Anime Planet
  5. animeflv
  6. Dailymotion

著作権の問題が浮き彫りになった今でもアニポのような海賊版サイトは、多くの日本人が利用しています。

今も多くのユーザーに利用されているアニポ関連の海賊版サイトの中でも、代表的なもの6つだけに絞ってそれぞれご紹介しています。

勿論、全てのサイトが海賊版サイトであり、アニメの視聴を違法ダウンロードして行った時点でアウトですので、絶対に行わないようにして下さいね。

6-1.AniTube.biz

antube 代わりになるAniTube.biz

アニメが無料で視聴できる海賊版サイト”AniTube”の代わりとして、出てきたのが”anitube.biz”になります。

サイト内の言語は英語表記となっていますが、多くのアニメ作品が違法アップロードされており、気軽に人気アニメを視聴できるようになっています。

また、メジャーなアニメは勿論の事あまり知られていないマイナーなアニメまで、取り揃えてあります。

海賊版サイトの中でもラインナップは、とても豊富と言えるでしょう。

6-2.AniDL

アニチューブ 代用AniDL

“AniDL”も大変利用者の多い海賊版サイトの一つです。

動画のダウンロードが気軽にできる上に、人気アニメも無料で気軽に視聴できる為、今でも多くのユーザーが活用しています。

勿論、動画のダウンロードは違法であり、ダウンロードの際にはウィルス感染する可能性たとても高いです。

6-3.GoGoAnime

anityu-bu 代わりGoGoAnime

子ども向けアニメから最新アニメまでと、かなり幅広いユーザーに人気を誇っている海賊版サイト”GoGOAnime”。

サイト内の動画視聴機能には早送り機能やスロー調整機能なども搭載されており、かなり機能性に優れたサイトと言えるでしょう。

また、サイト内のデザインを見るからに、外国人のオタクが作ったような感じですね。

6-4.Anime Planet

アニチューブ Anime Planet

取り扱いアニメコンテンツには、ややマイナーアニメに偏りがみられる”Anime Planet”。

サイト内には他の海賊版サイトでは扱っていないような、マイナーなアニメが豊富に取り揃えてあります。

その他、無料で視聴できる漫画まで取り扱っていますが、勿論違法なので絶対に読まないようにして下さいね。

6-5.animeflv

Anitube 似たアプリ animeflv

9年という長い運営実績を持っている海賊版サイトである”animeflv”は、違法アニメ界の中ではかなり有名なサイトの一つです。

人気アニメから最近流行しているアニメまで、幅広いアニメを取り扱っておりスマホでも気軽に視聴できます。

ただ、視聴時に多くの広告が表示されるのが唯一のデメリットと言えるでしょう。

6-6.Dailymotion

anitube 類似 Dailymotion

フランスを始めとしたヨーロッパ諸国でよく利用されている動画共有サイト”Dailymotion”は、実際には違法サイトではありません。

ただ、サイト内には多くの日本アニメが共有されている事から、著作権上の問題があると言えます。

無料でアニメを視聴できるサイトではありますが、共有されている日本アニメは全て無許可なので視聴しないようにして下さいね。

7.アニポでよく視聴される大人気アニメ

  • 鬼 滅 の 刃
  • ワンパンマン
  • ボルト
  • ハンターハンター 
  • ドクターストーン
  • ペルソナ 5 
  • ちはやふる

アニポでは多くの人気アニメが、無料で視聴できるようになっています。

中でも根強い人気がある”ハンターハンター “や”ボルト”等のアニメや、最近流行している”鬼 滅 の 刃”などは、とても視聴回数が多いです。

人気アニメを無料で視聴したい気持ちは分かります。

しかし、実際には違法行為なので絶対にアニポや漫画村等の海賊版サイトは、利用しないようにして下さい。

人気漫画の作者達は一話のアニメや漫画を作成するのに、膨大な時間と労力をかけて取り組んでいます。

海賊版サイトに違法アップロードされているアニメや漫画を視聴しても、作者側には全くお金は支払われません。

作者達に正当なお金が入らないと、漫画やアニメの制作自体が止まってしまいます。

作者側が今後活動できないと、日本のアニメや漫画の文化が途絶える可能性もあります。

また、ユーザーからしたら無料で視聴できるのですから、かなりメリットは大きいと思います。

しかし、長い目で見たら日本の漫画文化を交代させている行為に、違いありません。

その為海賊版サイトでアニメや漫画を、視聴してはいけません。

作者の為にも日本のアニメや漫画文化の為にも、絶対に合法の手段を活用するようにして下さい。

<おすすめのアニメアプリ>

  • dアニメストア(アニメ見放題サービス)
  • アニメ放題
  • ピッコマTV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です