アップルミュージックは損?評判・仕組み・月額【1年使った結果】

この記事にたどり着いたあなたは、

Apple Musicを使うと何ができるの?

他の音楽サービスと何が違うの?

Apple Musicの仕組みについて知りたい!

はじめ方や使い方について詳しく知りたい

など、Apple Musicはいったいどんな音楽アプリなのかについて知りたいと思っているのではないでしょうか。

Apple MusicはAppleがリリースしている定額制音楽配信サービス。

今回は、

Apple Musicとは

Apple Musicの料金・機能・仕組みについて

Apple Musicを使うべきメリット評判

について徹底解説します。

Apple Musicを使うべきか迷っているあなたはこの記事を読んでからApple Musicを使うべきか考えてみてください!

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ

1.Apple Musicは楽曲数No.1の音楽アプリ

YouTube

Spotify

iTunes

など、多くの音楽サービスがあり、どれを使うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

iTunesはApple Musicと同じAppleが出しているサービスなので違いが分からないと困っている人もたくさんいるようですよ。

Apple MusicはiTunesや他の音楽サービスとはどう違うのでしょうか?

どんな料金プラン・機能が用意されている音楽アプリなのでしょうか?

Apple Musicについて詳しく解説していきます。

1-1.Apple Musicとは

Apple MusicはAppleが配信している月額制の音楽アプリです。

Apple Musicに登録されている約6000万曲の音楽の中からお気に入りの音楽を何曲でも聴くことができます。

iTunesもAppleが出している音楽サービスですが、違いが気になるという人もいるのではないでしょうか。

iTunes・・・月額制ではなく、聴きたい音楽を1曲ずつ購入し、購入した音楽は永遠に再生することができる仕組み

Apple Music・・・月額を払うことで好きな音楽を何曲でも聴くことができる代わりに料金を払い続けなければ音楽を再生することができない

また、YouTubeとは違い、音源が広告なしでフルで再生できるのはもちろん、バックグラウンド再生、オフラインでの再生ができるのも音楽アプリの特徴でしょう。

Apple Musicの1番の特徴

他の音楽アプリもApple Musicのような仕組みになっています。

他にも音楽アプリはたくさんありますが、Apple Musicの1番の特徴は楽曲数の多さ

他の音楽アプリの楽曲数は多くても5000万曲なので、音楽アプリの中でも楽曲数が1番多く、聴きたい音楽はほとんど何でも聴けるでしょう。

Apple Watchとの連携も

iPhone・Android・iPadなどの端末だけでなく、Apple Watchと連携して使うこともできます。

車がcarplayに対応していれば車のスピーカーでも再生ができるというのもApple Musicの特徴でしょう。

また、Apple製品だけが連携対象なのではなく、他のTVやPCともApple Musicを連携させることもできるのでうれしいですね。

数多くある音楽配信サービスの中でもApple Watchと連携できる音楽サービスはApple Musicだけだという特徴もあります。

ランニングなどの際にわざわざ携帯をもっていかなくてもよくなったり、携帯を出すのが不便な時にApple Watchで音楽を再生できるのはうれしいですよね。

画面もAppleユーザーに親しみやすく見やすい

Apple製品によく合うデザイン・設計になっていてApple好きにはたまらない音楽アプリとしても有名です。

お気に入りの曲はお気に入り登録もでき、まとめてお気に入りした曲を見ることもできます。

しかし、お気に入り登録したものがダウンロードされるわけではないので注意が必要。

1-2.Apple Musicの料金プラン

Apple Musicには無料プランはなく、3つの月額プランを選択することで利用できるようになっています。

  1. 学生プラン
  2. 一般プラン
  3. ファミリープラン

どのプランも3か月間の間お試しで使ってみることができます。

どのプランでも楽曲数や機能制限が設けられることはなく、以下の機能を利用することができます。

楽曲のダウンロード

プレイリストの作成

バックグラウンド再生

オフライン再生

年齢や用途によって料金プランを使い分けるようにしましょう。

どのように月額プランを選べばいいのかについて見ていきましょう。

1-2-1.学生プラン

学生プランの月額は480円です。

学生の場合は学割がきき、毎月480円と安い金額で利用できるのが金欠な学生にはうれしいですね。

Apple Musicの学生料金は有料音楽アプリの学割の中では少し高いといわれていますが、利用できる機能の多さを考えると安いでしょう。

学生プランは学生証を撮影して登録する必要があり、学生として登録しているユーザー1人だけが使えるようになっているため登録している学生以外は利用できないようになっています。

安いから機能に制限がかかるのではないかと心配する人もいるでしょうが、一般プランと同じように全ての機能を利用できるので安心してください。

1-2-2.一般プラン

一般プランの月額は980円です。

年齢関係なく使えるプランとなっており、自分ひとりで使うときはこのプランがオススメです。

使える機能は他のプラン変わりがありません。

金額も他の音楽アプリとは大きく変わりがありません。

楽曲数が圧倒的に多いにもかかわらず他の音楽アプリと月額料金が変わらないのであればApple Musicを使う方がお得なのではないでしょうか。

1-2-3.ファミリープラン

ファミリープランの月額は1480円です。

ファミリープランは最大6人までが1480円を払うだけでApple Musicを利用出来るようになるというプランです。

6人以内であれば何人が利用しようと1480円以上はかからずに利用できるためお得なプランとなっています。

6人で使えば1人約250円で利用できるので大家族にとってはすごくお得なプランですね。

複数人と一緒に利用してもアカウントは別々で利用できるので250円で一般プランを使っているような感覚で使えるのはすごくいいですね。

1-2-4.支払い方法

気になるApple Musicの月額料金の支払い方法は、

クレジットカード決済・キャリア決済のほか、ギフトカードでも決済が可能です。

そのため、クレジットカードを利用できない学生でもiTunesカードなどで支払いができるため学生でも安心して利用することができますよ。

1-3.Apple Musicが月額で聴き放題の理由

月額1000円ほどで楽曲が聴き放題なんて詐欺じゃないの?

と思う人もいるかもしれません。

しかし、Apple Musicのような定額制音楽配信サービスは違法ではない。

Apple Musicは定額制音楽配信アプリといわれているサービスのひとつ。

定額制音楽配信サービスでは、月額を払えば好きな楽曲を何曲でも聴くことができるようになっています。

定額制音楽配信サービスはiTunesやYouTubeとは異なります。

iTunesの場合は買った音楽しか聴けず、YouTubeにはすべての楽曲があるわけではなく、スマホでTwitterやLINEをしながら音楽を聴くこともできませんでした。

しかし、定額制音楽配信サービスは、

何かをしながら音楽を再生できる(バックグラウンド再生)

音楽を1曲1曲購入しなくても聞き放題である

というレンタルCD(回数無制限)のような新しい音楽サービスです。

音楽を所有せず、楽曲にアクセスすることに対してユーザーが対価を払い、楽曲が再生されたアーティストに支払われるという仕組みになっています。

つまり、ユーザーが払った月額の一部がアーティストに支払われるため、定額制音楽配信サービスは違法ではありません。

しかし、この定額制音楽配信サービスでアーティストに支払われる対価は少ないといわれています。

出典:M-ON! MUSIC ~定額性配信でアーティストは稼げるのか~

この図のむらさき色で囲われたところからも分かるように、CDが1枚売れるときに支払われる対価は154円なのに対して定額制音楽配信サービスで1曲再生されたときに支払われる対価は0.15円と圧倒的に少ないです。

そのため、この定額制音楽配信サービスに加入したくないというアーティストもたくさんおり、聴きたい楽曲がないという問題もありました。

しかし、CDが売れなくなってきた今、わずかとはいえ収入が入るこのサービスに加入するアーティストが増えてきました。

現在では多くのアーティストが加入しているので定額制音楽配信サービスで聴ける楽曲数も増えてきて、聴きたい楽曲がないという問題もほとんど解消されました。

定額制音楽配信サービスの中でも6000万曲と最大の楽曲数を誇るApple Musicなら聴きたい曲がなくて聴けないということはほとんどないでしょう。

定額制音楽配信サービスはわたしたちが支払っている月額の一部がアーティストに支払われる仕組みになっているので違法音楽配信サービスではないので安心してください。

Music FMのような違法音楽配信サービスはアーティストに対価が支払われないので違法なのです。

1-4.Apple Musicの5つの基本的機能

Apple Musicを利用することで6000万曲以上の音楽を自由に聴くことができます。

気に入った曲を自分のライブラリやプレイリストに追加したり、携帯にダウンロードしてオフライン再生したり

音楽をいつでもどこでも自由自在に聴くことができます。

さらに、Apple Musicでは,、

様々なジャンルのプレイリスト

ワールドワイドでオンエアされるラジオ番組

聴いている曲をもとに作られる音楽ミックス

など、新しい音楽に出会うための機能もたくさん用意されています。

これらの新しい機能も含め、Apple Musicを利用するには5つの基本機能を理解しておく必要があります。

Apple Musicの5つの基本機能
  1. ライブラリ
  2. For You
  3. 見つける
  4. Radio
  5. 検索

画面下部に用意されている5つの基本機能についてご紹介します。

1.ライブラリ

ライブラリでは、自分が追加したお気に入りの音楽の一覧を確認することができます。

曲やアルバム、プレイリストなど好きな音楽がいち早く確認できます。

ただし、もしiTunesを以前に利用したことがある人がApple Musicに登録すると、自分がiTunes Storeで購入した曲やパソコンから取り込んだ曲とApple Musicで追加した曲やアルバムが混合されて表示されてしまいます。

Apple Musicは、全曲聴き放題で何曲でもお気に入りの曲を簡単にライブラリに登録することができます。

お気に入りの曲をたくさんの曲を追加して自分だけのライブラリを完成させましょう。

2.For You

For Youでは、あなたのお気に入りの音楽からAIが傾向を読み取っておすすめを紹介してくれます。

ライブラリに追加してよく聞いている曲や、好きなジャンル、アーティストに合わせて、あなたの好みを分析し、おすすめのプレイリストや、曲、アルバムなどを紹介してくれます。

Apple Musicでたくさんの音楽を聴けば聴くほど、貴方の好みを学習してくれてどんどんあなた好みの音楽を推薦してくれるようになります。

Apple Musicの多くのユーザーからも、

この機能のおかげで自分の知らない良い曲を知ることができた

聴く曲の幅が広がった

という意見が多く、大好評の機能です。

3.見つける

「見つける」では、

多くの人から注目を集めているアーティスト

新しくリリースされたアルバム・曲

ランキング

をチェックすることができます。

また、「ジャンル」をタップして、ジャンル別に曲を探すことや今人気がある曲を調べることもできます。

その他にも、一部テレビ番組や映画などのオリジナルコンテンツも探せます。

4.Radio

「Radio」では、Apple Musicで配信しているオリジナルのインターネットラジオ番組を聴けます。

Apple Musicで配信しているオリジナルラジオで有名なものは「Beats 1」という番組。

Beats 1は、Apple初の試みとなる、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから世界100か国以上に毎日24時間放送しています。

そのため、世界中いつでもどこからでもラジオを聴くことができます。

また「Beats 1」以外にも、

洋楽ヒットチャート

2000年代ヒッツ

自分専用のラジオステーション

など幅広い放送の中から自分が聴きたいラジオを聴くことができます。

5.検索

検索機能は自分が聴きたい曲名、アーティストが分かっている曲を探したいときに便利な機能。

検索アイコンから、探している曲を、ピンポイントに検索することだけでなく、キーワードでも検索できます。

検索機能はApple Musicの曲全体でも、自分のライブラリ内でも利用することができます。

特に海外の曲は検索したら出てこない曲がないというほど非常に充実しているそうですよ。

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ

2.Apple Musicにしかない5つの特徴

さまざまな音楽アプリがある中で、多くのユーザーはなぜApple Musicを利用しているのでしょうか。

Apple Musicには、他の音楽アプリにはない5つの特徴があります。

Apple Musicにしかない5つの特徴
  1. おしゃれなデザイン
  2. 6000万曲という圧倒的楽曲数
  3. 3か月の無料体験期間
  4. 楽曲をオススメしてくれる機能
  5. 楽曲をオススメしてくれる機能

この特徴を知れば、あなたもきっとApple Musicを使ってみたくなることでしょう。

2-1.誰でも使いやすいおしゃれなデザイン

Apple Musicは誰でも使いやすいように分かりやすく機能が表示されています。

ためしに楽曲を検索してみると、アーティストの写真と説明、リリースした楽曲がヒットし、楽曲やアーティストの詳しい説明が簡単に見れるようになっています。

気になるプレイリストも、クリックしてみるとプレイリストの説明、収録曲が分かりやすく提示されていて誰が見てもどんな曲が集められたプレイリストなのかが分かるようになっています。

再生画面もとてもシンプルで誰でも使いやすい仕組みになっているのもApple Musicが年齢関係なく多くの人に愛されてる理由のひとつかもしれません。

また、アプリのデザインもシンプルでおしゃれだとユーザーから好評です。

Apple MusicのシンプルなデザインはシンプルでスマートなApple製品によく合うデザインになっているため、統一感をもって使うこともできることから多くのApple製品ユーザーに人気があります。

使い方がシンプルで分かりやすい音楽アプリを使いたい!

Apple製品に合うおしゃれなデザインの音楽アプリがいい

という人にはオススメです。

2-2.音楽アプリNo.1の楽曲数

6000万曲と音楽アプリの中でも最も多い楽曲をそろえているのがApple Musicです。

一般的に音楽アプリでそろえられている楽曲数の平均は3000万曲なのに比べて、2倍以上もの楽曲がそろっているんです。

せっかくお金を払って音楽アプリを利用するのに聴きたい音楽が入っていなかったと残念な気持ちになることはありませんか?

音楽アプリの中には最近リリースされた楽曲や有名な曲しか入っていないものも多くあります。

しかし、Apple Musicは多くの楽曲数をそろえているため、昔にリリースされた楽曲やマイナーな楽曲でも見つけることができます。

Apple Musicでは聴きたい曲が見つからないということはほとんどなく、聴きたい音楽を楽しめるでしょう。

また、多くの楽曲がそろえられているので、日本の楽曲だけでなく世界中のさまざまなアーティスト・ジャンルの音楽が幅広く楽しめます。

2-3.無料体験期間が超長い

他の音楽サービスの中には無料プランがあるものもあります。

しかし、Apple Musicには無料プランがありません。

そのかわり、有料プランを他の音楽アプリよりも長く無料で体験できるようになっています。

一般的に音楽アプリで有料プランの無料体験期間として多いのは2週間~30日間と、最大1か月間だけ体験できるものが多いです。

しかし、Apple Musicでは3か月も有料プランをお試しで無料体験することができます。

有料プランを他の音楽アプリに比べて3倍も長く楽しめるのは魅力的なポイントですね。

この無料体験期間内に解約すれば一切料金はかからずに解約することができます。

お試しで使ってみるだけでもお得に利用出来るのではないでしょうか。

2-4.オススメの曲を推薦してくれる

Apple Musicの「For You」という機能があなたが気に入りそうな楽曲やプレイリストをオススメしてくれる機能があります。

この機能を使うことで、あなたがお気に入りやライブラリに追加している楽曲から気に入りそうな楽曲を予想してApple Musicがおすすめの音楽をピックアップして教えてくれます。

例えば、ジャニーズばかり聴いていたら他のジャニーズの曲や似た音楽を教えてくれるでしょう。

この機能を使うことで、

自分の聴く音楽の幅が広がる!

と大好評です。

2-5.他のユーザーとつながれる

Apple Musicでは、好きなアーティストをフォローできます。

アーティストをフォローすると、新曲や新しいアルバムが出されるといち早く知れます。

アーティストだけでなく、連絡先に登録されている友達や、プレイリストを作って公開している人をフォローできます。

友達をフォローすると、友達が聴いている曲やプレイリストに曲が新しく追加された時にすぐにチェックできます

自分が使っているアカウントにどうやって友達のアカウントを表示させるの?

フォローするのって難しそう…

と思うかもしれませんが、簡単にフォローできます。

友達をフォローするには、まずはFor Youタブからアカウントのアイコンをタップ。

次に友達が聴いている音楽をチェックするをタップし、今すぐ始めようをタップします。

次の画面で自分のプロフィールを設定した後、連絡先を探すをタップ。

連絡先を探すをタップすると、連絡先に登録されていて、Apple Musicを利用しているユーザーが表示されます。

Facebookに接続すれば、フォローしている友達をさらに見つけることができるでしょう。

友達や気になる人がいればフォローしましょう。

自分だけではなく、他のユーザーともつながれる音楽アプリはApple Musicしかないでしょう。

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ

3.Apple Musicの評判

Apple Musicの評判って何だろう?

Apple Musicのユーザーの声が知りたい!

など、Apple Musicを使おうか迷っている人は評判が気になるのではないでしょうか。

Apple Musicを使っているユーザーからはかなり高い評判を得ています。

しかし、中には機能を少し改善してほしいと思っているユーザーもいるようです。

実際にApple Musicを利用しているユーザーの評判を見てみましょう。

3-1.いい評判

他の音楽アプリにはないApple Music独自の「For You」機能が気に入っているユーザーが多いようです。

自分が気になるアーティストや曲だけでなく、自分の気に入るタイプの曲をオススメしてくれる便利な機能は他にはないため、Apple Musicを利用しているユーザーも多いのではないでしょうか。

月に1000円払うだけで何曲でも高音質の音楽が聴き放題なのが大好評なようです。

Apple Musicのユーザーには、これまでiTunesを使っていたユーザーが多いですが、これまでiTunesで音楽を1曲1曲買っていた人にとっては低額で何曲でも聞き放題だということはすごくありがたいと好評です。

Apple Musicを始めるのを渋っていた人がお試しで使ってみたら素晴らしすぎて早く始めないことを後悔する人もいるようですね。

Apple Musicでは、聴いている音楽の歌詞が表示されるので、カラオケのように歌うことも歌う練習をすることもできるようですね。

家でカラオケの練習やストレス解消にも役立つんですね。

他の人が作ったプレイリストも聞けるため、今まで知らなかったいいアーティストや名曲を知る機会が増えるのも魅力的だと思っているユーザーが多いようです。

3-2.悪い評判

Apple MusicはiPhoneで利用する分には快適に使えるようですが、Androidで使うと不具合が起こることがたまにあるようです。

アルバムが2つに分裂したり聞きたい曲が聴けなかったりなどの不具合が起きることもあるようです。

そのため、iPhoneでApple Musicを使っている人よりもAndroidで使っている人の方がApple Musicに対する評価が低いようですね。

音楽を聴いていると、たまに音楽が止まる不具合が起こることがあるようです。

しかし、自分のiPhoneのiOSやアプリをアップデートすることで解決することが多いようです。

それでも解決しなければ、不具合を報告することで早く改善してくれるようですよ。

Apple Musicの利用が不便だというユーザーもいました。

聴いていた曲が履歴に表示されなくなったり音楽の再生時間の詳細など、表示に関する詳細がわかりにくいようになっていることが一部のユーザーにとっては不満なようです。

シンプルで誰にでもわかりやすいつくりになっている半面、詳細までしっかりと表示してほしいと思っているユーザーはApple Musicに対して不満を持つかもしれませんね。

Apple Musicには無料プランがないことに不満を持つユーザーもいるようです。

無料体験期間や有料プランの解約方法が分かりにくいと不満に思っているユーザーが意外にたくさんいるようです。

無料体験期間や有料プランの解約方法についてはのちほど詳しく解説します。

日本版のApple Musicを使うと、洋楽の表記や歌詞までがカタカナ表記になることが多いようです。

英語が分かりにくい人にとってはありがたいですが、英語表記がいいと思う人にとってはちょっと気持ち悪く感じてしまうかもしれませんね。

4.Apple Musicのはじめ方・使い方

Apple Musicの使い方やはじめ方に関して分かりにくいと感じるユーザーが多いようです。

ここでは、有料プランの契約方法から解約方法までApple Musicの全てのはじめ方・使い方について詳しく説明します。

この説明を読めば、Apple Musicに関して分からないことはなくなるでしょう。

4-1.はじめ方

Apple Musicを使い始めるにあたって、

無料体験期間のはじめ方

月額プランのはじめ方

について詳しく解説します。

4-1-1.無料体験期間のはじめ方

1.アプリをダウンロードする

2.アプリを開いて「無料ではじめよう」をタップする

3.無料体験が終わった後に利用したい月額プランを選ぶ

4.サインインをする

5.月額料金の支払い方法を選択する

6.登録内容の確認をする

4-1-2.月額プランのはじめ方

月額プランを利用したい人でも、最初は必ず3ヶ月の無料体験を案内されます。

無料体験期間が終了後も使い続けたければ無料体験の際に登録した月額プランに自動的に切り替わる仕組みになっています。

3ヶ月間の無料体験期間中に解約したけどもう一回利用したいと考える人は以下の手順でもう一度登録し直しましょう。

1.無料体験が終わった後に利用したい月額プランを選らぶ

2.サインインをする

3.月額料金の支払い方法を選択する

4.登録内容の確認をする

4-2.使い方

ここでは、Applemusicを使うにあたって最も基本的な3つの操作、

楽曲のダウンロードの方法

プレイリスト作成の方法

データ通信を節約する方法

についての使い方を詳しく説明します。

4-2-1.音楽のダウンロードの仕方

1.アプリを開く

2.お気に入りのジャンル、もしくは♬マークから聞きたい音楽の曲名やアーティスト名を検索する

3.聞きたい音楽が見つかったら「+」「雲マーク」をおして楽曲をダウンロードする

4.ライブラリからダウンロードした音楽を再生して聞く

4-2-2.プレイリストの作成方法

1.ライブラリの上から二番目に表示されているプレイリストをタップする

2.新規プレイリストをタップする

3.プレイリスト名、プレイリストの写真を設定する

4.緑の+マークの「ミュージックを追加」から聞きたい音楽を追加する

聞いている音楽をプレイリストに追加したい場合は「…」から追加することができます。

4-2-3.データ通信料を節約する方法

YouTubeなどで音楽を聴かない理由のひとつにデータ通信料を節約したいという理由があると思います。

しかし、データ通信料を節約する設定になっていなければデータ通信料がたくさん掛かってしまうことがあります。

データ通信料の節約の仕方は携帯の機種によって少し違うので、iPhoneとAndroid別々にデータ通信料の節約の仕方について解説していきます。

4-2-3-1.iPhoneの場合

1.iPhoneの設定アプリを開く

2.モバイル通信をタップする

3.高品質ストリーミングをオフにする

4-2-3-2.Androidの場合

1.Apple Musicの設定を開く

2.モバイル通信をタップする

3.モバイルデータ通信で高音質をオフにする

4-3.プランの解約方法

試しにだけ使ってみて無料体験期間の間に解約したい

他の音楽アプリを使うからApple Musicの月額プランを解約したい

など、Apple Musicを解約したいけど解約方法が分からないという人向けに解約の方法を説明します。

4-3-1.月額プランの解約方法

Apple IDの管理画面から「登録をキャンセル」をタップする

これだけで、無料期間終了後に自動で課金されることを防ぐことができます。

トライアル期間中に自動の契約更新をオフにしても、3ヶ月間の無料体験期間中は無料でApple Musicを使い続けることができます。

4-3-2.無料体験期間中に解約する方法

1.iTunes for Windows でサブスクリプションを変更・解約する

2.「アカウントを表示」をタップする

3. 「設定」セクションまでスクロールする

4.「サブスクリプション」の右側の「管理」をタップする

5. 別のオプションを選択するか、「サブスクリプションをキャンセルする」をタップする

5.まとめ | 聴きたい音楽がたくさんある人にはAppleMusicがオススメ!

今回は、Apple Musicについて詳しく解説しました。

Apple MusicはAppleがリリースした音楽アプリで、

圧倒的な楽曲数

フォロー機能

オススメ楽曲推薦機能

など、楽しんで音楽を聴くことができる特徴がたくさんあります。

また、Apple製品と相性がいいためApple製品を愛用している人には強くオススメできる音楽アプリです。

そのため、

お金を払ってまで聴きたい音楽がないなんて事態は避けたい

Apple製品をたくさん持っている

Apple製品のシンプルでおしゃれなデザインが好き

好きな音楽をオフライン再生してデータ通信料を節約したい

このような人はApple Musicを使うことをオススメします。

3か月間は無料体験ができるので、少しでも気になった場合は利用してみてはいかがでしょうか。

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です