dアニメストアで得する人・損する人【コスパ良いのか?】

dアニメストアで検索しているあなたは、なるべく安く、損をしないアニメ見放題サービスに登録したいのではないでしょうか。

  • dアニメストアの使い勝手を知りたい
  • 今期の最新アニメを最速で見たい
  • ニコニコ動画とPrimeVideoで見れない作品があった
  • 配信サービスが多くて、どれがいいか決められない

自宅にいる時間が増えて、アニメを見て気分転換をするなら、なるべく快適なサービスを選びたいですよね。

今すぐ見たいアニメがあるのに、どこで見るかを迷って時間を消費するのは、人生の無駄。

これを読めば、dアニメストアを実際に使ってみたメリット、他のサービスの特徴と比べて、自分にぴったりな登録サービスはどれなのか、決めることができるでしょう。

dアニメストアは低価格・アニメ専門のVODサービス

dアニメストアはドコモが運営している、アニメ専門のVOD(インターネット上で動画視聴)サービスです。

月額440円を払えば、登録されているアニメ作品が見放題またはレンタルができ、自分の好きな時に好きなだけアニメを楽しめます。

dアニメストアの概要

月額費用440円
支払いクレジットカード、ドコモキャリア決済
アニメ数3500作品以上
対応機種:Windows10、8.1
Mac OS X 10.10以上
iOS、Android、タブレット
Fire TV、Android TV
2.5次元舞台・ミュージカルかなり多い
声優バラエティ、ラジオ多い
画質SD、HD、フルHD(HD非対応作品もあり)
ダウンロード再生

○アプリ

iOS
https://apps.apple.com/jp/app/dアニメストア-アニメ見放題サービス/id728214964

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nttdocomo.android.danimeapp&hl=ja

メリット

  1. アニメ専門なのでたくさん見れてコスパがいい
  2. HD画質を選べるアニメが多い、低画質も自由に選べる
  3. ダウンロード視聴ができる
  4. 2.5次元舞台、実写映画など、アニメ派生作品も豊富
  5. アニメイトと連携、グッズやイベントの先行抽選に参加できる

デメリット

  1. アニメ以外のドラマやテレビ番組はない
  2. アニメ原作のドラマや実写映画は少ない
  3. 不定期に見放題が終了、作品が入れ替わる
  4. 支店(ニコニコ支店、for Prime Video)のチャンネルは利用できない

1−1.見れるアニメの数は3500作品以上、最新アニメはほぼ見放題で配信中

dアニメストアはアニメ専門の視聴サービス。最新のアニメから1990年代の懐かしアニメまで自由に楽しめます。

一日に見れる話数の制限や、視聴時間の制限はありません。

●最新アニメの配信スケジュールも早い

テレビ放送で最新話が公開されてから、順次各々の配信サービスで視聴が可能です。

その中でもdアニメストアは比較的早く配信されることが多く、早ければ同日、もしくは次の日には配信されています。

人気のアニメは上映会や、SNSのリアルタイム実況で感想が飛び交います。

リアルタイムで視聴できなくても早く最新話が見れることは、話題に乗り遅れず仲間と感想をシェアして楽しむにも見逃せない部分です。


●最新アニメの見放題と期間限定配信の違い

視聴したい最新アニメがあるときに見るべきポイントは、
「いつでも見放題」or「期間限定配信」であるか。

最新アニメの上映会といえば、「ニコニコ動画」のサービスを利用する方も多いでしょう。
ニコニコ動画は、動画にコメントをつけて楽しめる、動画視聴サービスです。

「ニコニコ動画」のアニメ最新話の生放送は、公開から1週間は見放題です。
ですが期間をすぎれば、過去エピソードはほぼ有料配信に切り替わります。有料会員でも同じ仕様です。

最終話を見た後に、最初から全部見直したい、あの話の1シーンだけもう一度見たい、といったことができないんですね。
繰り返し見ることで、新しい良さが発見できるアニメも多い中、実は痛いところ。

dアニメストアなら、配信中の最新アニメはほとんどが全話が見放題。繰り返し何度でも好きなタイミングで楽しむことができます。
まれに期間限定で配信期間が短い作品もありますが、他サービスに比べて期間が長く設定されていることが多いです。

友人や家族と感想をシェアするなら、いつまで視聴できるのかは事前に見ておきましょう。

●リクエストでマイナーな作品も配信されるチャンスもある

たくさんのアニメが見れると言っても、マイナーな作品や配信期間が切れてしまう作品もたくさんあります。

そんな時は「リクエスト」を送ることで、諦めていた作品が追加されたり、再配信されることもあります。
リクエストが多かった作品は特集で定期的にお知らせされるので、チェックするといいでしょう。

2020年春リクエスト作品の追加特集
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001086

1−2.アニメ原作の2.5次元舞台、ミュージカルのラインナップが豊富

近年はアニメやゲームを原作とした、舞台やミュージカル作品がとても話題になっています。
dアニメストアでは舞台作品が、他サービスに比べてかなり多く配信されています。

例えば、DMMゲームズから配信中の「刀剣乱舞」の舞台・ミュージカルは、アニメ・ゲームのファンのみならず、舞台俳優のファンにまで愛される作品です。

チケットの倍率はかなり高く、ゲームからの先行抽選、劇団ファンサイトからの先行応募でも、ほとんどの人が落選するほどの人気です。


生で見る感動には遠いかもしれませんが、いきなり舞台チケットを取るのはハードルが高いものです。
自宅でゆっくり観劇するなら、定期的に作品が追加されるサービスに入るのは有効な選択肢と言えます。

【dアニメストアで見れる2.5次元作品の一例】

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~(2019年上演版)
  • ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社(世界遺産登録20周年記念奉納行事として行われた特別公演)
  • 舞台「文豪ストレイドッグス」千穐楽公演
  • MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~
  • ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in The World- 千の魂と堕ちた死神(期間限定配信)
  • 喜劇「おそ松さん」 など

●特集が組まれていたら、話題作を視聴できるチャンス

dアニメストアではイベント事に応じて、独自の特集を定期的に発表しています。 

特に2020年は舞台やミュージカルの人気が高まる中で、自宅でミュージカル作品を楽しみたい人に向けて、多くの人気作品を追加。
期間限定公開をしています。

2.5次元まつり配信ラインナップ
(記事執筆時:20205月8日の情報)
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00000660

1−3.アニメグッズ販売大手の「アニメイト」と連携、グッズ購入やアニソンMVも楽しめる

アニメイトと連携をしたことで、

  • dアニメストアに販売中の関連グッズが表示される
  • すぐオンラインショップで購入ができる(別途会員登録必須)
  • アニソンミュージックビデオが多く配信されるようになった

などの、グッズ購入やアニメソング・声優関連にも強いサービスになりました。

※アニメイトオンラインショップと連携で関連グッズが買える、新サービス説明会に行ってきた(電撃シリーズマガジンドットコムニュース)
http://gs.dengeki.com/news/65684/

●アニメイトオンラインショップの割引キャンペーンがある

割引キャンペーンは、不定期で開催されています。

アニメグッズや関連商品をお得に買いたい方には、ドコモユーザーならキャリア決済にも対応しています。

キャリア決済で支払えば、ドコモポイントも利用できるので一石二鳥といえるでしょう。

※最大20%オフキャンペーン(2019年9月24日(火)までの情報)※ https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001024

1−4.会員限定でアニソンイベントの先行抽選や限定企画に参加できる

dアニメストア会員なら、世界最大のアニソンイベント「アニサマ」などの、イベントのチケット先行抽選会に参加できるメリットがあります。

参考リンク:
dアニメ会員限定「アニサマ2020」チケット先行抽選受付開始!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000371.000005738.html

アニサマには多くのアニメソングを歌ってきた西川貴教さん、藍井エイルさん、SHOW BY ROCK!などの、人気アーティストが一同に会します。

2.dアニメストアとニコニコ支店、for Prime Videoの選び方

dアニメストアの加入で悩むポイントは、

dアニメストア ニコニコ支店
dアニメストア for Prime Video

どちらに入るべきか、または

dアニメストア単体で契約するのがいいのか、という部分です。

「dアニメストア ニコニコ支店」と「dアニメストア forPrimeVideo」は、
ニコニコ動画とPrimeVideo内でdアニメストアで配信中の作品の一部が視聴できる、というものです。

結論から言うと、基本には

dアニメストアは単体で契約するのがマストです。

●ニコニコ支店もfor Prime Videoも、単体契約より見れる作品が少ない

最も大きな理由は、dアニメストア本家で見れる作品数よりも視聴できる幅が狭まるからです。

契約会社の問題で見れない作品があります。

  • dアニメストア本家:3,500以上
  • ニコニコ支店:2,500以上
  • forPrimeVideo:1,800以上

●別々の端末で別作品を同時視聴するならforPrimeVideoも選択肢に

for Prime Videoでは1つのアカウントで別端末で同時に別作品の視聴ができます

この機能はPrime Videoのシステムに準じているため、ニコニコ支店とdアニメストアアプリではできません。

例えば家族でアカウントを共有していて、同時に別々の作品を見る環境などの場合は、forPrimeVideoも有効な選択肢といえます。

対応するデバイスにゲーム機が含まれるのも特徴です。

2-1.ニコニコ支店とforPrimeVideoの特徴

dアニメストア ニコニコ支店

  • 月額440円
  • ニコニコ動画上で作品が閲覧できる
  • ニコニコプレミアムとは別契約が必要
  • dアニメストアより高画質で見れるアニメ作品がある
  • コメント機能が使えるのでライブ感ある視聴が楽しめる
  • 見れる作品は2500作品以上、本家と比べるとやや少ない

dアニメストア forPrimeVideo

  • AmazonのPrime(有料)会員になる必要がある
  • PrimeVideoが使える。アニメ作品数はかなり多い
  • プライム会員は月額500円または年会費4,900円(税込)
  • 対応機種にPS4やWiiUなどのゲーム機でも視聴が可能
  • 最新アニメの一部がforPrimeVideoの加入などの制限がある

●分かりやすい判断基準は、アニメ作品の幅と環境で選ぶ

dアニメストアを単体で契約するのが、一番見れるアニメの幅が広く・月額費用を抑えられる選択肢です。

しかしニコニコ動画のヘビーユーザーなら、別のアプリを起動してアニメを見るのは手間がかかる作業です。

無料会員からでも登録できるので、かかる費用は変わりません。見たいアニメに幅がなく、それよりもコメントのライブ感や使い慣れたツールを取るなら、ニコニコ支店も良い選択肢です。

dアニメストア forPrimeVideoは、プライム会員であることが前提のため、月額940円と高いコストとなります。

同じ月額940円を払うなら、Prime会員+dアニメストア単体の契約の方が、見れる作品は一番多くなります。

3.dアニメストアを実際に使ってよかった3つのポイン

3−1.低価格で多数のアニメが見れるのでストレスが少ない

毎月440円という低価格で幅広い作品が見られるのは、アニメ好きとしては一番外せないポイントです。

さらに舞台作品やOVA作品などはDVD価格が高かったりで、お試しで見たいというレベルでは手が出しにくいものです。

気になるレベルの作品を定額で自由に楽しめるのは、大きなメリットと言えます。

●制作会社や声優で作品をソートできるのが地味に便利

dアニメストアでは作品名やジャンルだけではなく、

  • 制作会社
  • 声優
  • 作品シリーズ
  • 年代
  • 監督 など

多数のタグで作品を検索できます。

気に入ったアニメ作品の、制作会社や主演声優が出ている作品をチェックするファンは多いはず。タグ検索が意外と便利で、細かいところに手が届きます。

検索をすることで知らなかった過去アニメや、素敵な作品と出会えることもあります。

3−2.最新アニメの配信先を探す手間と時間が省ける

最新話はニコニコ生放送の上映会で見て、過去エピソードはプライムビデオかニコニコ動画で見る。無ければ、期間を過ぎた視聴は諦める。

こんなことをしている方も、多いのではないでしょうか。

dアニメストアでは大抵の最新アニメの全話が同時に見られるので、わざわざツールを分ける必要がなくなります。

またTOPページで放送日ごとに、最新話の更新状況が告知されるのが便利です。

マイページに移動せず見れるというのは、とても簡単ですね。

3−3.ドコモユーザーだとキャリア決済でドコモポイントが貯まる

dアニメストアはドコモ連携サービスの一つなので、キャリア決済やドコモのクレジットカード支払いで、ポイントが貯まります。

逆にドコモユーザーならポイントを代金の支払いに補填もできます。


大きなメリットとはいえませんが、継続して契約するなら長い目で見るとポイントが貯まるのはお得と言えるでしょう。

4.アニメ視聴目線で選ぶ大手VODサービス5つと比較

dアニメストアはアニメを見るならかなり有力な選択肢ですが、他のVODサービスの方が自分に合っているかも、失敗したくないから登録を迷うのは誰もが通る道です。

何を優先するかで最適なサービスは変わります。

大手5サービスの特徴を知ってdアニメストアと比較してみましょう

価格(月額)アニメ数2.5次元ダウンロード再生無料期間
dアニメストア440円3500以上31日
Prime Video500円または 年会費4,900円1000作品以上△(レンタルやforPrimeVideo対応)31日
U-NEXT1,990円約4000作品△(48時間制限あり)31日
Netflixベーシック:800円(SD) スタンダード:1200円(HD)600作品以上×なし
アニメ放題440円3000作品以上31日
Hulu1,026円700作品以上△(一部あり)14日

4-1.Prime Video(プライム・ビデオ)

Prime Videoの最大のメリットは、通販サイトAmazonの有料プランのサービスということ。

普段の買い物でAmazonも利用している、そして自分の好きなタイミングでアニメも音楽も楽しみたい、という方には優秀な選択肢です。

またアニメ以外のドラマ、映画、OVA作品も幅広く配信しているので、アニメ以外の作品も日常的に楽しみたい方に向いています。

アニメの作品数だけを見ると少ないですが、dアニメストアには無い作品を配信していることもあります。

例:機動戦士ガンダム TheORIGINシリーズ など…

●一部のレンタル作品はdアニメストアならレンタルせず見れる

PrimeVideoでは多くのアニメ作品が見放題ですが、一部の作品にはレンタル設定がついているものもあります。

レンタル作品を見るには、Prime会費とは別に別途料金が発生します。

一般アニメなら1エピソードは120〜220円ほどの価格設定。
1クール作品なら12話分で1,440円、2クール作品なら24話分で2,880円のレンタル費がかかります。
さらにレンタル期間が終われば見れなくなります

PrimeVideoではレンタル対象アニメが、dアニメストアでは普通に視聴できる作品がいくつもあります。
または「dアニメストア forPrimeVideo」に契約で視聴可能な設定になっていることも多いです。

例:(2020年春アニメ)プリンセスコネクト!Re:Dive
最新話のみ「dアニメストア for Prime Video」に契約で最速視聴可能。

最新話が更新されたら解除されますが、最新話を1週間遅れで見るのはテンションがあがりませんよね。

4-2.U-NEXT

実はdアニメストアよりも視聴可能なアニメ数が多いのが「U-NEXT」です。
最近は声優ライブや2.5次元作品の取り扱いも増えています。

特集の組み方も「逆・作画崩壊!?この顔芸作画がすごい!特集」「「お前ら早く結婚しろ!」と思わず叫びたくなる!特集」など、属性で見たくなるまとめ方が秀逸。

アニメしか見ないという方には割高に感じる月額1,990円ですが、アニメ以外の作品も合わせると膨大な番組が楽しめます。

またサービス内のポイントを利用すれば、日々の月額料金やレンタル作品代にプラス可能。
長く使うと少し月額費用をおさえることもできます。

4-3.Netflix

イッキ見や独占配信の宣伝が印象的なNetflixは、オリジナルアニメやアニメ実写映画・ドラマ配信に強いのが特徴です。

見放題の作品は少ないものの、最高で4K画質の視聴が可能。
大きなスクリーンでアニメを見たい、という場合は画質の高さは見逃せません。

制作会社と提携したクオリティの高いオリジナルアニメも魅力の一つです。

【Netflixオリジナルアニメ例】

  • DEVILMAN crybaby
  • 攻殻機動隊 SAC_2045
  • 聖闘士星矢: Knights of the Zodiac など

オリジナル作品に興味がある、高画質にこだわるなら魅力的な選択肢ですが、純粋にアニメをたくさん楽しみたい場合には、やや不向きと言えます。

4-4.アニメ放題

ソフトバンクが提供するアニメ見放題の専門サービスです。

dアニメストアのSoftbank版といえるでしょう。

月額料金も440円、視聴作品も3000作品以上とかなり似た内容になっています。

使っている携帯のキャリア決済が利用したいか、強いこだわりがないのならdアニメストアを選ぶほうが安心です。

4-5.Hulu

動画配信サービスの先駆けと言えるサービスの「Hulu」は、国内・海外共にドラマや映画、テレビ番組の配信に強いサービスです。

dアニメと比較すると、アニメだけを見る場合には取扱作品はやや少なく、オリジナルコンテンツなどがあるわけでもない

アニメを中心に楽しむなら物足りない選択肢といえます。

しかしアニメのVODサービス比較でよく取り上げられるサービスなので、これから登録先を決めるなら他のサービスもよく検討しましょう。

5.まとめ:dアニメストア単体、または+PrimeVideoがコスパがよい選択

コロナの自粛期間中、アニメを見て気分転換をしたいと考えるあなたに、dアニメストアは低価格で作品数も多いため、あまり損をしない選択肢と言えます。

31日間の無料体験もあるので、一度ラインナップや使い勝手を確認してみると、自分との相性も分かるはずです。

  • 低価格(440円)でたくさんのアニメが見れる専門サービス
  • 2.5次元舞台・ミュージカル作品がかなり豊富
  • アニメイトと連携、グッズ販売やイベントにも強い
  • ニコニコ支店とforPrimeVideoで迷うなら本家契約が無難
  • 二重契約するならdアニメストア+PrimeVideoが良コスパ

dアニメストアを契約すれば、好きなアニメや懐かしい作品をストレスなく見れます。

多少の金額を払っても、それ以上に時間も充実し、心にも余裕が生まれること間違いないでしょう。

ぜひdアニメストアで、快適なアニメ三昧ライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です