KKBOXの評判から発覚した8つの利点・料金980円は妥当か

この記事にたどり着いた音楽好きのあなたは、


K-POPやC-POPの楽曲数が多い音楽アプリを使いたい!

KKBOXでは音楽配信などで他のユーザーと楽しく交流できるって聞いた!

人気アーティストとチャットができる音楽アプリなの?

など、ユーザーの口コミを耳にしてKKBOXに登録することを考えているのではありませんか?


この記事では、

KKBOXとは

評判からわかるKKBOXのメリット・デメリット

料金について

退会の方法

始め方・使い方

について徹底解説していきます。


KKBOXを使うべきか迷っているあなたはこの記事を読んで使うべきか考えてみてください!

1.KKBOXとは

KKBOX  評判
KKBOXでは韓国楽曲聴き放題

KKBOXとは台湾発の定額制音楽ストリーミング配信サービスです。


楽曲のラインナップは5,000万曲以上と邦楽も洋楽も充実している音楽アプリです。


日本のメジャーな楽曲はもちろん配信していますが、K-POPやC-POPなどアジア圏の楽曲数は一番多いところがKKBOXの1番の特徴です。


K-POPやC-POP好きの人の中には、他の音楽配信アプリでは聴きたい曲が配信されていないといったことや、日本語バージョン以外の曲がなくて悲しい思いをしたことがある人もいるでしょう。


有名な曲はどの定額制音楽配信サービスは配信されていますが、KKBOXではよりマイナーなアジア圏の楽曲が配信されているのでK-POPやC-POP好きの人にはたまらない音楽配信サービスでしょう。


BIGBANG、BTS、EXO、TWICEなどの韓国大物アーティストの楽曲が聴き放題です。

また、人気ランキングはJ-POPや洋楽ランキング以外にも、アジアの曲のランキングもあるところが他サービスとは違いますね。


KKBOXは台湾で2004年からサービスを開始し、その後日本展開し2010年にauの子会社になりました。


2011年に、KKBOXの音楽配信サービスLISMO(リスモ)をauユーザーを対象に提供していました。


LISMOが終了した2013年にLISMOをKKBOXという名称に変更し、NTTドコモやソフトバンクユーザーなどauユーザー以外にも使えるサービスとして再スタートしたものがKKBOXです。


つまり、台湾初のアプリですが2004年から日本で展開している日本人に合ったサービスであるといえそうですね。


また、KKBOXはPCでも使うことができます。


スマホアプリと同じサービスをパソコン環境で使える上に、「KKBOX LIVE」というPC用デスクトップアプリ専用のサービスも楽しむことができます。


アジア楽曲好きの人や変わった多用なサービスが好きな人向きの他とは一風変わった音楽配信サービスです。

今なら1ヶ月間無料のキャンペーンが行われていますので、ぜひ今のうちに登録してみてください。KKBOXに今すぐ登録する

2.KKBOXの評判

KKBOXの評判って何だろう?

KKBOXのユーザーの声が知りたい!

など、KKBOXを使おうか迷っている人は評判が気になるのではないでしょうか。


KKBOXを使っているユーザーからはかなり高い評判を得ています。


しかし、中には機能を少し改善してほしいと思っているユーザーもいるようです。


実際にKKBOXを利用しているユーザーの評判を見てみましょう。

2-1.いい評判

たくさんある音楽アプリの中で1番KKBOXがいいというユーザーも多いです。


海外アーティスト、特に韓国、中国の曲をよく聞く人にはKKBOXは人気なようですね。


KKBOXではキャッシュを選べてオフラインで聴けるところがユーザーにとって評価されているようです。


音質が好みに合わせて変えられることに大満足なユーザーも多いようですね。


LISTEN WITHという機能を使ってDJのような活動をしている人もいるようです。


自分ひとりだけでなく多くの人と音楽アプリを通して関われるのはうれしいですし、他の音楽アプリにはない特徴ですね。


他ユーザーだけでなく、アーティスト本人とコミュニケーションをとることができる機会もあるらしいのでいろんな用途で機能なようです。


チャンネル機能が自動プレイリストを作ってくれる感じで利用できることがユーザーにウケているようです。


プレイリストを自分で作るのがめんどくさいといったときでも自分の気になる曲たちをたくさん聴くことができるのでいいですね。


KKBOXにはKKBOXLIVEという機能があり、アーティストのライブ配信視聴も楽しむことができます。


ただライブを視聴するのではなく、本人たちと一緒に見ながらチャットもできるという新しいライブ視聴ができるのでユーザーからは人気の機能のひとつです。


着せ替え機能でテーマを自分好みに着せ替えられること人気なようです。

2-2.悪い評判

サービスはいいけど音が最悪という意見もありました。


音質は自分好みに変えられますが、そのことを知らずに使っているユーザーも多いようです。


もっとKKBOXで使える機能などが分かりやすく整理されたページなどがあってほしいですね。


中には解約の仕方が分からないというユーザーも多いです。


退会手順をしかりとふめば簡単にプレミアムプランから退会できますが、退会の仕方が書いてあるところを見つけるのは難しいようです。


退会の仕方もわかりやすくしっかりと明記してほしいですね。


KKBOXでは曲の再生中に歌詞が見えるようになっているが、1行が長いと後半が見えづらくなるようです。


細かい調整も今後整えられていくことを願います。


KKBOXはパソコンでも使えるようになっていますが、中にはKKBOXダウンロードができないパソコンの種類もあるようです。


また連携できる機器数にも制限があるようです。


KKBOXの楽曲配信には、原曲だけでなくカバー曲の配信が多いのも特徴です。


そのため、楽曲を検索するとカバー曲がたくさんヒットしますがなかには上手いとは言えないカバーもあるようです。


好きな楽曲を上手い人がカバーしてくれていたら…と思うユーザーもいるようです。


3.評判からわかるKKBOXを使う8つのメリット

KKBOXユーザーのいい評判を見て見ると、


このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。解決HTML に変換

  1. アジアの楽曲数が多い
  2. あなたが気に入りそうな楽曲をオススメしてくれる機能がある
  3. 他の人が作ったプレイリストを探せるディスカバー機能がある
  4. アーティストや他ユーザーの関われるLISTEN WITHという機能がある
  5. テーマを自分好みに着せ替えれる着せ替え機能がある
  6. ライブ配信を楽しめるKKBOX LIVE機能がある
  7. 音質を調節できる機能がある
  8. 音楽を保存できるキャッシュ保存機能がある

このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。解決HTML に変換

ことがKKBOXユーザたちにウケているようです。


ここでは、ユーザーたちがオススメするこの8つの機能を詳しく説明し、KKBOXを付けうべきメリットについて徹底解説します。

3-1.海外アーティストの楽曲が豊富

KKBOXは台湾発のサービスです。


そのため、韓国・中国・台湾などアジア圏の楽曲が他の音楽配信サービスに比べて圧倒的に充実しています。


その中でも台湾ではなんと500以上のレーベルが楽曲を提供しているようで台湾の楽曲数は他の音楽配信サービスとは比べ物にならないくらい多いです。


音楽配信サービスが配信している洋楽、C-POP、J-POP、K-POPといったメジャーな楽曲ジャンルはもちろん、クラシックやジャズ、民族音楽とか宗教音楽といったジャンルの楽曲まで幅広く提供しています。


CDを出していない音楽などのマイナーな楽曲も多く配信されているので、CDではなかなか手に入らない曲が聴けるというところも人気になっています。


日本の音楽配信サービスでは手の届かない韓国や中国本場の人気アイドル・人気歌手の楽曲も多く配信されており、K-POP・C-POPのプレイリストも多いので、アジア圏の旬な音楽をキャッチアップしていきたい方にはピッタリです。


また、音楽に合わせて表示される歌詞はKKBOXユーザーが投稿しており、韓国・中国語が堪能なユーザーが韓国語や中国語の歌詞を投稿してくれている場合も多いです。


そのため、各国の言語に対応した歌詞が表示される楽曲が多くあるのも嬉しいポイントです!


韓国語や中国語の勉強もしながら楽曲を楽しめるのはうれしいですね。


3-2.貴方が気に入る曲を教えてくれるチャンネル機能

チャンネル機能は、AIが過去の再生履歴から分析して見つけたあなたが気に入りそうな楽曲を「1曲ずつ」再生してくれる機能です。


「チャンネルをスタート」を押すだけでAIが曲をオススメして再生してくれます。


スキップするとすぐに他の曲を再生してくれるので、気に入らない曲が出てきても簡単に他の楽曲に還ることができます。


他にも「気分」にあった音楽をオススメしてくれる機能もあります。


運動中、パーティー気分、癒しタイム、仕事熱中などそれぞれの気分にあった曲をAIがオススメしてくれるので気分に合った音楽を聴くこともできます。


自分の過去聴いている音楽の傾向からオススメのプレイリストを紹介してくれることもあります。

3-3.いろんなプレイリストを探せるディスカバー機能

ディスカバー機能とは、他のユーザーが作ったプレイリストを探せる機能です。


気になるキーワードや好きなアーティスト名を入れて検索することで、他ユーザーが選んだプレイリスト名に合う楽曲のプレイリストを紹介してくれます。


他にも、ピックアップやランキング、新着、カテゴリーの他、JazzやBluesなど、楽曲のジャンルからでも探すことができます。


最近はやっている曲や新しくリリースされた曲をまとめて聞いてみたい場合や、昔聴いていた曲を聴きたいけど忘れてしまったという人にもこのプレイリスト機能は役に立つでしょう。


自分の好きなキーワードやアーティストで検索すると自分の同じようなファンが作ったプレイリストも楽しめるので、あなたの知らないマイナーないい曲を発掘することもできるかもしれませんよ。


3-4.海外のライブが楽しめる「KKBOX LIVE」機能

KKBOX LIVEは、リアルタイムのライブ中継であったり、保存された過去のライブ映像を楽しむことができる機能です。


ただライブ映像を楽しむだけでなく、中にはアーティストや他のユーザーと一緒にコミュニケーションをとりながら視聴を楽しめるものもあります。


他には、撮影カメラを自分の好きなように切り替えられたり、360°視点でで楽しめるものもあります。


現状では、中国・韓国のアーティストか、国内アーティスによる海外公演の様子がほとんどです。


しかし、SEKAI NO OWARIやチャンミンなどの有名なアーティストのライブ映像も見ることができたりと、有名なアーティストのライブ映像も楽しめるようです。


将来コンテンツやサービス、ライブ映像を見ることができるアーティスト数が増えていき、さらにさまざまなことが楽しめる機能に成長していくでしょう。


なかなか日本にいながら海外の歌手の音楽番組やライブ配信を見たり、アーティストたちとコミュニケーションをとることができる機会は少ないため普通にライブ映像を見るよりもお得な機能ですね。

3-5.自分好みにデザインできる着せ替え機能

着せ替え機能とは、LINEのテーマを変更するように画面のアイコンやテーマを自分好みに着せ替えられる機能です。


設定の着せ替えから、メニューアイコンや表示画面の雰囲気を変更できます。


テーマを変更する際にはお金がかかってしまうサービスが多いですが、KKBOXでは基本的にどのテーマを変更してもお金はかかりません。


そのため、毎日よく使う音楽アプリを自分のホーム画面などの雰囲気に合わせたり、自分好みにカスタマイズして使うことができます。


テーマなどを自分好みにカスタマイズできる音楽アプリはほとんどないのでこの機能もKKBOXにしかない特徴だといえそうです。

3-6.曲を保存できるキャッシュ保存機能

キャッシュ保存とは、曲の必要なデータを端末に保存することで、圏外などオフライン環境でも楽曲を再生できるようにする機能です。


音楽配信サービスで曲を再生するにはデータ通信が必要なので、5分間楽曲を再生するだけで約10~20MBのデータ通信量を消費してしまいます。


そのため、データ通信料をたくさん使えるプランを契約していない人にとってはとても困りますが、Wi-Fiがあるところでキャッシュ保存機能を使い、曲をキャッシュしておけば、データ通信料を消費せずに音楽を楽しむことができます。


KKBOXでは、最大で4,000曲をキャッシュ可能な上に、4000曲を超えてもSDカードのなどの外部メディアに保存することもできます。


また、楽曲のダウンロード中は音楽が聴けない音楽アプリが多いですが、KKBOXでは再生しながらキャッシュできるのでキャッシュの待ち時間も快適に過ごすことができます。


楽曲のキャッシュが終わったら、これまでに保存した楽曲の合計容量や、楽曲の保存先の空き容量も教えてくれるので容量を見たうえで保存する楽曲数の整理などもできますね。

3-7.好きな曲を共有できる「LISTEN WITH」機能

LISTEN WITH機能は、自分が再生している曲を日本中に配信したり、他の人が配信している曲を聴ける機能です。


公開再生(DJ)の隣のOFFをクリックすることで、自分が再生中の曲が日本中のKKBOX利用者に向けて配信されます。


自分が配信した曲を聴いてくれた人とチャットでコミュニケーションをとることができる新しい機能です。


また、楽曲を歌っているアーティストが直接歌を歌てくれたり、選んだ曲を聴きながらコミュニケーションをとることができるイベントも開催されることがあります。


一般的な音楽配信アプリは、ひとりで使うものですがKKBOXのこの機能を使えばアーティストや他ユーザーとの交流を楽しみながら音楽を楽しむことができます。


3-8.聞こえ方を自分好みに設定できる音質調整機能

音質調整は音質を自分好みに調整できる機能です。


音質は128kbpsか320kbpsの2種類を好みに合わせて切り替えることができます。


さらに、イコライザー機能から聴感をさらに細かくカスタマイズすることもできます。


イコライザー機能には、距離感や響き感が変えられるDTS設定(音響設定)もあり、さらに細かく音質を調節することもできます。


DTS設定には、


ワイド

フロント

トラディショナル

の3種類の設定があります。


ワイド→フロント→トラディショナルの順に音が広がって聞こえるようになります。


空間が広がったように聞こえるのはワイド、逆に1つ1つの音がよく聞こえるのはトラディショナルです。


他にも接続機器のスタイルに合わせた聞こえ方を選択することもできます。


イヤフォン用か、ヘッドフォン用かでそれぞれに合う音楽の流し方にしてくれるので音質にこだわって音楽を聴きたいという人にはKKBOXのこの機能はオススメです。


4.評判からわかるKKBOXの4つのデメリット

KKBOXユーザーの悪い評判を見て見ると、


機能が多すぎて使いにくい

解約・退会の仕方が分からない

たくさんの機器を連携して接続できない

カバー曲が多くて原曲を探すのに苦労する

ことがKKBOXユーザたちにとって不満なようです。


ここでは、ユーザーたちが実際に使って感じたKKBOXのデメリット4つについて詳しく解説します。


4-1.機能が多くて分かりにくい

KKBOXには


ディスカバー機能

DTS設定機能

着せ替え機能

LISTEN WITH機能

KKBOX LIVE機能

など、使うことで便利に楽しく音楽を聴くことができるさまざまな機能が沢山用意されています。


しかし、どこにどの機能があるのかがわかりにくいようです。


また、 それぞれの機能についての分かりやすい使い方の解説もないためどの機能がどこにあるのか知らないと使えないことに不満を抱えている人も多いです。

それぞれの機能を使うことで何ができるようになるのか、何が楽しめるようになるのかを他のサイトで検索しなければいけないことを不便だと思っているユーザーもいるようです。


4-2.解約・退会の仕方がわかりにくい

KKBOXには無料プランとプレミアムプラン(有料プラン)があります。


プレミアムプランの解約方法は説明されていますが、無料プランもふくめて完全にKKBOXを退会したいのに方法がわかりにくいことに不満を抱いているユーザーも多いようです。


実は今の現状では、有料プランは解約できても無料プランの退会方法はなく、完全にKKBOXを解約することができないようです。


いくら無料プランで料金が発生しないからとはいえ、完全に解約してサービスを消してしまいたいのに…と不満に思うユーザーも多いです。

4-3.連携できる機器が3つまでという制限がある

KKBOXでは、料金を払っても全ての端末で使うことができないこともデメリットです。


KKBOXは、パソコンやタブレットでも、パソコン用アプリをダウンロードすれば使うことができるのですが、使用権限のあるデバイスは3台までとなっています。


そのため、接続したい機器があっても3台以上のデバイスに接続して使うことができません。


個人で使う分なら、3デバイスあれば十分ですが、たくさんのデバイスと連携して使いたいという人にはKKBOXはオススメできません。


4-4.カバー曲が多く原曲を探しづらい

KKBOXには原曲だけでなく、カバー曲・アレンジ曲の配信も多くあります。


そのため、聴きたい楽曲のキーワードを入れて検索しても実はカバー曲だったりアレンジ曲だったりすることが結構あります。


中には、原曲は配信されておらず、カバー曲のみが配信されているといったこともあります。


そのため、自分の聴きたい楽曲を見つけることに苦戦したり、聴きたい楽曲の原曲が見つからないことにモヤモヤしてしまうユーザーが多いです。


5.KKBOXの料金について

KKBOXを使ってみようかなと思っているあなたは、


他の音楽配信サービスに比べて、


KKBOXは高いの?

無料お試し期間はあるの?

など、料金に関する疑問を抱いていることでしょう。


ここでは、


KKBOXの月額料金

無料会員と有料会員の違い

無料お試し期間

など、KKBOXの料金事情について詳しく説明します。


5-1.KKBOXの月額料金は980円

KKBOXのプレミアムプランの料金は月額980円です


他の音楽配信サービスでも有料プランは1000円前後するものが多いので、他と比べてみても値段はあまり変わらないといえるでしょう。


しかし他の音楽配信サービスには学割プランがあるものも多いですが、KKBOXには学割プランはありません。


そのため、他の音楽アプリの学割プランを利用したことがある学生には少し高いと感じるかもしれません。


KKBOXのプランは、


無料プラン

1ヶ月30日980円のプラン

プレミアムプラン90日セット2980円

の3つのプランがあります。


90日セットは使える機能はプレミアムプランと変わらないので毎月自動的に更新してほしいと考える人はプレミアムプラン90日セットを使う方がいいかもしれませんね。


支払いは、


クレジットカード

au かんたん決済

ドコモケータイ払い

ソフトバンクまとめて支払い

ワイモバイルまとめて支払い

という携帯会社の「キャリア決済」だけでなく、


楽天ペイ

クレジットカード

PayPal

APPLE ID

Google Play

にも対応しています。


5-2.無料会員と有料会員の違い

KKBOXはプレミアムプランに加入しなくても無料でも使うことができます。


しかし、無料プランでは1曲あたり30秒までの再生やプレイリストの作成などの機能のみ利用出来るようになっています。


曲のフル再生ができないので、無料プランは曲の試し聴き程度にしか利用できません。


同じく無料で使えるプランが用意されているSpotifyのように広告が表示されるということはありませんが、2,3回の再生ごとにプレミアムプランの登録への案内が表示されます。


プレミアムプランで利用できる、

曲のフル再生やプレイリストの作成

他ユーザーの作成っしたプレイリストの再生

データを保存してオフラインでも再生可能にするキャッシュ保存

などの機能は使えないので、無料プランでも快適に利用できるサービスではなさそうですね。


5-3.1か月間は無料で試せる

KKBOXでは、アプリインストール後にメールアドレスとユーザー名を登録するだけでプレミアムプランの機能が使える無料お試し期間を1カ月間体験することができます。


他音楽配信サービスではお試し期間が終了したら自動的にプレミアムプランが継続されるようにお試し期間の申し込みの際に支払い方法を選択させるところが多いです。


しかし、KKBOXではお試し期間の申請時にはクレジットカードなどの支払い方法の登録は求められません。


しかも、毎日無料お試し期間が終わる日まで残り何日残っているかを教えてくれるので気づいたら無料お試し期間が終わっていたなんていうことはありません。


お試し期間が終われば自動的に使えなくなるだけなので、本当にお試しだけ使ってみたい、有料になる日を気にして使いたくないという人にはオススメです。


6.KKBOXの気になる質問3選

KKBOXをこれから使ってみたいと思っている人も、利用しているユーザーも気になっているであろう以下3つの質問に対して詳しく答えていきます。


ランキングって何?

音楽をダウンロード・オンライン再生する方法は?

KKBOXは違法・悪質な音楽アプリなのか

疑問を解消してKKBOXについての理解を深めましょう!


6-1.ランキングって何?

ランキングとは、KKBOXで新曲やよく再生されている曲(シングル曲)50曲が人気順に表示されており、簡単に今人気の曲を知ることができる機能です。


ランキングは、


dailyランキング

Weeklyランキング

年間ランキング

に分かれており幅広い期間でユーザーに人気のある曲が分かるようになっています。


他の音楽配信サービスでもランキングを実施しているものもありますが、多くても日本、洋楽、邦楽の3種類のランキングが見れるようになっています。


しかし、KKBOXでは、


邦楽、洋楽、C-POP、K-POPジャンルごとのランキングだけでなく、

日本、シンガポール、香港、台湾、マレーシアといった国別の人気曲のランキングも見れるようになっています。


掲載されているランキングの多さはKKBOXがナンバーワンでしょう。


6-2.音楽をダウンロード・オフライン再生する方法は?

KKBOXでは、楽曲を保存してオフラインで再生することができます。


オフラインで再生したいKKBOXの楽曲のページ内のダウンロードのアイコンをクリックし、キャッシュを選択します。


これでその楽曲はオフラインになり外出先でも無料で聴くことができるようになります。


ちなみにキャッシュした楽曲の初期設定曲数のオフラインでの上限は500曲ですが、自分で設定をすればオフラインで無料で聞き放題になる楽曲の上限は最大4000曲まで増やすことができます。


たくさんの曲を保存してオフラインで聴くことができるのでうれしいですね。


気になる方は以下のURLからKKBOXのランキングを見てみてください。

KKBOX-ランキング-

6-3.違法・悪質な音楽アプリなのか

これからKKBOXへの登録を考えている方は、KKBOXってあまり聞かないけど安全な音楽配信サービスなのかということが気がかりなのではないでしょうか。


違法な音楽配信サービスを使って逮捕されるなんてことは避けたい!と、KKBOXが安心して使えるサービスなのか気になりますよね。


そこでKKBOXが安心して利用できるサービスなのかを調べてみると、KKBOXはしっかりと信頼出来会社がしっかりと安全性を管理して展開しているサービスであることが分かりました。


KKBOXの運営会社は、KKBOX Inc.として台湾で音楽配信サービスのKKBOXを運営している会社の日本展開したKKBOX Japan合同会社が運営しています。


KKBOX Japan合同会社は、超有名な日本企業のauに関係するKDDIという会社の連結子会社なので安全性も信頼できますね。

この会社は、韓国や中国、台湾などのアジア圏でもKKBOXを展開しており、アジア圏の各国て絶大な人気を誇る大規模の音楽配信サービスとして有名だそうです。


また、楽曲のダウンロードは合法なの?という点も気になりますよね。


KKBOXのサイトには、許可を得て運営していると書かれていたのでしっかりとアーティストに対価が支払われる契約をして展開されているサービスであると言えます。


よって、KKBOXは安全なサービスだということができるでしょう!


7.KKBOXの始め方・使い方

あなたもKKBOXを使ってみたい!使いこなしたい!と思っているのではないでしょうか。


しかし、KKBOXの使い方はあまり詳しく書かれていないためわからないユーザーも推いようです。


そこで、KKBOXの基本的な操作の方法やはじめ方について以下で詳しく説明します。

1ヶ月お試しプランへの登録方法

プレミアムプランの登録方法

楽曲の検索・再生の仕方

退会・解約の仕方

7-1.1ヶ月お試しプランへの登録方法

1.KKBOXのアプリをインストールする


2.KKBOXのホームページ上部に会員登録の項目があるのでクリックする


3.KKBOXのアカウント登録の画面で表示される「Free Trial」か「Premium」のうち「Free Trial」の「無料アカウント作成」を選択する


4.任意のEメールアドレス、もしくはFacebookと希望するパスワード、さらにニックネームを入力する


5.生年月日と性別を入力してパーソナライズ設定をする


パーソナライズ設定は入力しなくても利用することができますが、入力しておくと膨大な曲数の中からあなたの好みに合う曲を見つけてくれるので登録しておくことをオススメします。


6.好きな音楽ジャンルを選択して新規登録は完了

7-2.プレミアムプランの登録方法

プレミアムプランの登録方法はお試し期間後に登録する方法と最初から登録する方法とでは手順が少し異なります。


最初からプレミアムプランを契約する場合は手順1から、お試し期間が終了後にプレミアムプランを契約する場合は手順3から登録を進めてください。


なお、最初からプレミアムプランを使い始めても1か月間は無料で使えるので、長く使い続けたい場合は最初からプレミアムプランを契約した方がいいでしょう。


1.KKBOXのアプリをインストールする


2.KKBOXのホームページ上部に会員登録の項目があるのでクリックする


3.KKBOXのアカウント登録の画面で表示される「Free Trial」か「Premium」のうち「Premium」の「プレミアム会員登録」を選択する


4.KKBOXの料金の決済方法を選択する


支払い方法はau かんたん決済、ドコモケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、 楽天ペイ、クレジットカード、PayPalから選択する


5.クレジットカードを選択した場合、カード番号や名義人、有効期限とセキュリティコードを入力して「次へ」をクリックする


6.最後に「氏名」と「ニックネーム」と「誕生日」を入力して「次へ」をクリック

好きな音楽ジャンルを選択して登録完了


7-3.楽曲の検索・再生の仕方

1.ディスカバーか🔍から探したい曲のアーティストや曲名を検索して曲を探す


2.聞きたい曲の曲名、もしくはAIがオススメしてくれた曲やプレイリスト中から気になる曲をタップする


3.曲の+をおして自分のライブラリやプレイリストに登録する

7-4.退会・解約の仕方

KKBOXの有料プレミアム会員を解約する方法は、


1.マイアカウントへログインする


2.アカウント情報の項目内にある退会を選択する


3.退会理由を選択してご意見を記入して退会を選択する


この手順をふむことで簡単に解約することができます。


有料プランを解約すると自動的に無料プランに戻ります。


無料会員も退会したい場合でもKKBOXの会員自体を退会することはできないようです。


もちろん無料会員であれば退会できなくても料金が発生することはありませんので大丈夫です。


8.まとめ | KKBOXは多機能音楽アプリや海外アーティスト好きにオススメ!

KKBOXは豊富な機能を備えた音楽配信サービスなので、「とにかくいろいろな機能が欲しい」と言う人には相性が良い音楽動画配信サービスです。


他音楽アプリには日本の楽曲は数多く入っているが、マイナーな中韓楽曲や昔の楽曲など、聞きたい曲が入っていない場合も多いですよね。


しかし、台湾発祥のKKBOXではアジア楽曲が豊富なことも中国や韓国好きの人にうれしい音楽アプリです。


音楽再生中に歌詞が表示される、オフラインでも再生できるキャッシュ保存など、他の音楽アプリにも備わっている機能はもちろん、


ディスカバー機能

着せ替え機能

チャンネル機能

KKBOX LIVE機能

LISTEN WITH機能

など、さまざまなオリジナルの機能があって他のサービスとは一風違った楽しみ方ができる音楽配信サービスです。


中でも注目したいのは全国のKKBOX利用者に向けて好きな楽曲を発信できる「LISTEN WITH」機能です。

好きな音楽を他のユーザーと一緒に聴けたり、チャットで交流したりと音楽を通じて画面の向こう側の人と交流できるのは他の音楽配信サービスにはないKKBOXの特徴だといえます。


しかし、機能が豊富なのはメリットですが機能の使い方等があまり詳しく説明されていなかったり、使いたい機能がどこにあるのか分からなくなることもあるというデメリットもあります。


そのため、シンプルで簡単に使える音楽アプリがいいという人には向いていないかもしれません。


しかし、いろんな機能で音楽を聴くことを楽しんだり、音質やスタイルを自分好みに変えて自分に合った音楽アプリをイチから作りたいという人にはオススメです。


気になる方は一度利用してみてください。


KKBOXの登録画面はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です