井川比佐志は現在どうなっている?家族・出身・経歴を総まとめ!映画降板の過去も調査!

井川比佐志(いがわひさし)さんといえば日本が誇る名バイプレイヤーです。

誰しも一回は井川比佐志さんの演技をみたことがあるのでは。

井川比佐志の現在までの活動

井川比佐志さんは庶民派の役があっている人。

演技力はすばらしいと思います。

世界の黒澤山田洋次が重用していますから。

まさに名バイプレーヤーである俳優さん。

1955年に高校卒業後に俳優座入所した井川比佐志さん

3年後に座員に昇格しています。

舞台での活動が多かったのですが、映画にも出演されています。

1962年の映画「おとし穴」ではなんと主演を演じています。

この映画はメインキャスト以外は地元民が演じています。

脚本家やプロデューサーもエキストラ出演しいたと言われています。

この映画で主演に抜擢されたのはいい意味で派手ではない井川さんだったからでしょう。

同映画で見事な演技で注目の的となります。

その後はテレビドラマにも数多く出演します。

知名度が高くなっていきます。

そして1970年に黒澤明さん監督の「どですかでん」、山田洋次さん監督の「家族」で主演。

その後、主演男優賞を受賞しました、名実ともに俳優として認められたのです。

その後も多くの作品で好演を見せた井川比佐志さん

2002年に紫綬褒章、2008年には旭日小綬章を受勲。

井川比佐志さんは日本を代表する俳優さんであるという証をいただいたようなものです。

現在はフリーで活躍されています。

ですが最近は活躍を聞いていません。

ただ活動が減っているのは井川比佐志さんの演技力の問題ではなく高齢であり体が理由と思われます。

今は本当に自分が演じたいと感じた役、できるだけ活動するようになったのかもしれません。

最近では2020年に公開予定の映画「峠 最後のサムライ」に出演しています。

司馬遼太郎さんの「峠」を原作にした作品です。

役所広司さん仲代達矢さんなど大物が多数出演する同映画。

井川比佐志さんも出たいと思う作品と言えるでしょう。

体を大事にしつつ井川さんの演技を見ていたいものですね。

井川比佐志の息子は何をしているのか

日本を代表する俳優である井川比佐志さん

その一方でプライベートについては知られていません。

家族に対する配慮もあるのでしょう。

ただ井川比佐志さんは結婚されていてお子さんがいるようです。

お名前は井川大輔さんと言うようです。

ただ、名前以外については詳細な情報はわかりません。

そのため一般人である可能性があります。

井川比佐志さんの息子が俳優になっていれば隠しても隠せないでしょう。

井川比佐志と名女優が家族ぐるみで仲が良いらしい

家族について語られることのない井川比佐志さん

女優と「家族」で話題となっているんだとか。

それは倍賞千恵子さん

夫婦であるかと思った人もいるかもしれませんね。

ですが、井川比佐志さん倍賞千恵子さんは違います。

倍賞千恵子さんの夫は作曲家の小六禮次郎さんです。

どうして井川比佐志さん倍賞千恵子さんが家族話題が出ているのか。

それは二人が過去に映画「家族」、「故郷」で夫婦役となったことが多いからだと思います。

映画が「家族」というタイトル。

井川比佐志さんと倍賞千恵子さんは「家族」というキーワードで注目されてるようです。

共演を機会として結婚する俳優さんは多いですよね。

そう思うと井川比佐志さん倍賞千恵子さんも結婚していた可能性もなくはない。

井川比佐志の出身地は満州だった

井川さんは1936年と戦前生まれです。

満州国出身です。

戦前生まれの芸能人には満州国出身という人もいます。

草野仁さん加藤登紀子さんもそうなんです。

出身地からも戦前という時代を感じます。

多くの人は父親の仕事のために満州に住んでいたのです。

井川比佐志さんの父親は陸地測量部に所属し、測量技師をしていたそうです。

戦前は戦争に勝つために、地形の理解がある人が優遇されていました。

そのため測量技師は重要なポストでした。

ただ、重要なので秘密にしておくことも多かったのでしょう。

井川比佐志さんは実父の仕事についてはしらなかったそうです。

井川比佐志さんが小学生の時に日本へ引き上げました。

戦況悪化とともに日本に帰国したのでしょう。

井川比佐志さんの国籍はどこになるのでしょう。

満州で生まれたので井川比佐志さんは国籍も満州なのでしょうか。

正解は日本だそう。

満州は「国籍法」が無いそうです。

井川比佐志さんの国籍は日本です。

ただ、国籍は関係なく、井川さんが名優であるという事実は変わりません。

レギュラーから外れた映画も過去にあった井川さん

今も世代問わずに根強い人気を誇る「男はつらいよ」。

「寅さん」は冬の季語になっているんです。

お正月の風物詩だからです。

主演の渥美清さんがなくなられています。

その後は新作はできていません。

特別編といった感じではありました。

しかし2019年に「男はつらいよ お帰り 寅さん」の公開が決まります。

第1話公開より50年の月日が経ちました。

興行収入は15億円、観客動員数は120.0万人と大ヒットを記録します。

たくさんのファンがいて見に行ったのでしょう。

寅さんファンが多いことを証明する結果となりました。

今では映画「男はつらいよ」の印象があります。

しかし元々はテレビドラマでありました。

ドラマの方も好評でした。

しかし最終回では寅さんがハブに噛まれ亡くなりました。

この結末に抗議が出ます。

映画はその抗議に対する対応だったそうです。

ただ、映画化にあたっていくつか変わりました。

実は物語の舞台が柴又の帝釈天になったのも映画から。

メインキャストである妹の「さくら」は倍賞千恵子さんに変更。

また、その夫となる「博士」も井川さんから前田吟さんに変更。

なお「博士」は「博」と変わり、職業も印刷工場の工員に変更。

かなり変えています。

山田洋次さんも変更に対し悩んだはず。

その証拠に博役の変更は最後になってからだったそう。

きっと井川比佐志さんを起用する否か検討したのでしょう。

ドラマ版での印象があまりにも強く、ドラマと映画を別の物にすることからしょうがなくキャストを変更したのだと思われます。

井川比佐志さんの存在感と演技力があるからこその結果に。

ファンは映画でも井川さんの演技を見てみたかったと思う人も多い事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です