金山一彦が離婚した元妻・芳本美代子の現在は!?二人の娘とはどうなった?

映画『シャコタン☆ブギ』『ねじ式』などに出演している人気俳優の金山一彦(かなやま かずひこ)さんは、弁護士の大渕愛子さんと再婚していますが、最初に結婚したお相手は、笑顔が可愛い元アイドル歌手の芳本美代子さんでした。
金山一彦さんと結婚していた芳本美代子さんはどんな方なのか、そしてお二人の結婚生活から離婚に至るまでの話などを紹介していきます。

芳本美代子さんのプロフィール

生年月日:1969年3月18日
出生地:山口県小野田市
身長:158cm
血液型:B型
愛称:みっちょん

芳本美代子さんは、明治大学付属中野高校の定時制を卒業しています。
80年代に、芳本美代子さんはアイドル歌手としてデビューしています。
彼女の同期デビューは、本田美奈子さん中山美穂さん南野陽子さん浅香唯さん斉藤由貴さんなど、のちにトップアイドルとなる華やかな顔ぶれと並んでのデビューでした。
その為、芳本美代子さんは苦戦を強いられたと言われています。
芳本美代子さんの小学校の先輩には、俳優の風見しんごさんがいました。
デビュー当時、石野真子さん松田聖子さん真田広之さんに憧れていたそうです。
芳本美代子さんは、若手のころ、レコード会社対抗の運動会に出場していますが、運動音痴であった為、期待されなくなったそうです。
芸能界では、何度も海外に連れて行ってもらえることが嬉しかったそうです。
80年代は、新曲のリリースするサイクルが早かった為、歌詞と降り付けを覚えるのに苦労したそうです。
その為、イベント出演時にはプレッシャーもあり、忙しくて歌詞を覚える暇もなかった為、ファンの口元を見て、歌う時もあったそうです。
当時は、ジャニーズ事務所に所属のアイドルと共演しただけで、女性ファンから嫉妬されることが多々あったそうです。
ですが、芳本美代子さんは同性のファンが多かったため、バッシングをされることがなかったそうです。
芳本美代子さんは、ミュージカル『阿国』(1990年)でゴールデン・アロー賞・演劇新人賞受賞しています。
この賞をきっかけに活躍の場が広がり、ドラマ『ママまっしぐら!』『母親失格』などに主演し、中堅女優としての地位を確立しました。

金山一彦さんと芳本美代子さんの結婚

https://twitter.com/tetsutetsu0605/status/1126123314844295168

お二人はカラオケ用ビデオの共演で知り合い、2年間の交際を経て、1996年に結婚しました。
ですが、わずか1年後に別居生活をしています。
芳本美代子さんはバラエティ番組で、別居した経緯を語っています。金山一彦さんの方から、結婚1年目にして「別居しましょう」と言われたそうです。
それでも、お互いを見つめ直したりと、しばらくは良好な関係が続いたようです。
芳本美代子さんの両親と同居していた為、彼は家で窮屈な思いをしていたかもしれないと彼女は語っています。
そして、金山一彦さんの女性問題が発覚しました。
軽率な行動だったと金山一彦さんはこのことを謝罪しています。
その為、お二人は2年間の冷却期間を設け、後に同居を再開しています。
2001年には、第一子となる女児が誕生しました。
結婚15周年を記念して2011年に、夫婦でユニット『8.8.8』を結成しています。
ですが、2年後の2013年7月に離婚を発表する形となりました。

金山一彦さんと芳本美代子さんの離婚原因

17年間、お二人は別居と修復をくり返した結婚生活でした。
離婚の際には、慰謝料はなく、連名で円満離婚と報告しています。
離婚原因は、仕事の忙しさによるすれ違いとされています。
一部では、女性問題がまだ引きずっているのではとも言われています。

金山一彦さんと芳本美代子さんの離婚後

お二人は円満離婚と発表されましたが、離婚後1年ほどで金山一彦さんが再婚した時は、芳本美代子さんはとても落ち込んだようです。
推定1億円といわれた邸宅は、98%が芳本美代子さんの所有とされていました。ですが、離婚により、住宅ローンの返済計画が狂ってしまい、自宅を手放す形になりました。
金山一彦さんが大渕愛子弁護士との結婚を発表した直後、元妻に電話しても出てもらえず、口座番号も変えられた為、新しい口座も教えてくれず送金もできないとテレビ番組で吐露しています。
芳本美代子さんは、2016年7月に会社員の一般男性と再婚しました。
旦那さんとは、知人の紹介で知り合ったようです。
元夫金山一彦さんの再婚がきっかけで、自身も再婚を意識するようになったかもしれないと語っています。

金山一彦さんと芳本美代子さんの娘

両親が離婚したときは、葵さんはまだ中学生でした。
父親である金山一彦さんは、葵さんにはLINEで離婚を知らせたそうです。
彼女からの返事は、ひと言「よかったね」という素っ気ないものでした。
思春期の娘さんにしたら、そう返すのが精一杯だったと思います。
ですが、この返信を見た金山一彦さんは、娘も喜んでくれていると勘違いしています。
そのせいで、ネット上で、娘さんは喜んでないわとツッコまれたようです。
現在の葵さんは、母親の芳本美代子さんとお祖母さん、義理の父との四人で暮らしているそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です