光石研の自宅・インテリアを徹底調査!旧車ベンツが愛車!メガネに多額をつぎ込む?

俳優の光石研(みついし けん)さん

名脇役としてあらゆる役を演じ分け、様々な作品で活躍する実力派の俳優さんです。

きっと、みなさんも何かしらの作品をご覧になった事があるはずですよ!

光石研さんのセンスが光る!ご自宅のインテリアがとってもお洒落!!

ドラマや映画に欠かせない存在の光石研さん

渋カッコいい役からダサ~いおじさん役まで、何でもこなしてしまう名脇役です!!

それも光石さんの、これまでの経験をがあるからこその『味』ではないでしょうか?

長い下積み時代もあったそうで、安心感すら覚えるあのオーラと深みのある演技力は誰もが納得のものだと思います。

俳優さんとして『情けない役』や『ちょっとダサい役』も完璧にこなす三石さんですが、ご自宅はとってもオシャレと噂なんですよ(^^)

噂のご自宅のリフォームの際には、三石さん自らデザインまで手掛けたんだとか!凄いですよね~!!

光石さんは、昔から自分の部屋の模様替えをするのが楽しみだったそうなんです。

それも子供の頃からだったんだそうですよ!!

都内で暮らすようになってからは、壁にはタイルを貼るだけではなく、壁や押し入れを塗ったりしてみたりと、自分で『プチリフォーム』を楽しんでいたんだとか!

今でいう『DIY』が人気だったりしますから、光石さん流行の最先端いってましたね(*^^*)

そんな光石さんですから、ご自宅のリフォームとなれば全力間違いなし!!ですよね。

家具はもちろん、光石さんがお気に入り物を置き、レコードが趣味ということで専用の棚やミキサーも完備!!

どうしても生活感が出てしまうキッチンも、なるべく物を置かないようんい必要最低限のものに!とってもシンプルなお部屋です(^^)

また天井もあえて取っ払い、開放感を出したんだそうですよ~。

センスの良さとこだわりで、インテリアコーディネーターなんかも出来ちゃいそうですよね!!

光石研さん、愛車はベンツって本当!?

芸能人の方って『車好き』の方が多いイメージですが、お仕事の移動なども多いでしょうから、車にこだわりを持つようにまるのも自然な事かもしれないですね(*´▽`*)

人気のある俳優さんであれば、年収も桁違いの額になってくるので金額も気にせずに手に入れられそうですよね!!

『車好き』の一人でもある光石さん、その愛車は『63年式のベンツW110』なんだそう。

『Gクラスやマイバッハ』じゃないところが、光石さんだなぁという井印象ですよね。

独特のテールであることから『ハネべン』と呼ばれるそうなんですが、ハネベンと出会ったのは光石さんが20代前半の頃のこと。

青山の骨董通りで初めて見た『ハネベンのW111』が、とても印象に残っていたんだそうですが、なかなか金銭的に余裕もなく、長い間愛車にすることはできませんでした。

40代になった頃、またその思いが強くなってきた光石さん

ですが青山で見たあの『W111』は見つけられず、渋々ハネベンではないW114を購入。

とその直後…友人からなんと探していた『ハネベン』が見つかったと連絡が!なんというタイミング…(>_<)

購入したばかりだったので断ることになりました。

旧車となれば当たり外れがあったりするのは良くある事ですが、どうやら光石さんのW114も『ハズレ』だったそうで、我満して乗ることに…。

そんな中、2年後の乗り換えし始め探し始めると、あの『ハネベン』を見つけたのです!

それは以前に友人が連絡をくれた『W110』、憧れのW111ではありませんでしたが運命を感じて購入!

念願の『ハネベン』を愛車にした光石さん、『仕事の往復がとても楽しみになりました。』と(*’▽’)よかったですね~。

『(中略)すべてを完璧にキメるのではなく、ウールパンツにスニーカーという、ちょっと着崩した雰囲気を楽しむほうが性に合っているんですよ。そう考えると、王道のW111ではなくW110というのも、僕らしい選択だったのかなと思いますね』ともお話しされています。

それに光石さんのW110愛が感じられますよね~!!

長年夢に見た愛車ですから、事故にだけは本当に気を付けて田ライブ楽しんでくださいね。

光石研さんのメガネへのこだわりが凄かった!!

メガネにもこだわりを持っている光石さん

役に合わせてデザインを変えたりとメガネ好きで、一時期は収入のほとんどがメガに消えていったんだとか(;’∀’)

メガネ大好きな光石さん、過去にピッタリな作品に出演していました!

その名も『めがね』、こちらは2017年に公開された映画です。

『めがね』というものの、タイトルと内容は全く関係なし(笑)

タイトル決定後に、出演者全員、メガネをかけることになったんだそうです!

めがねにこだわりを持つ光石さん、まさか映画『めがね』にまで出ることになるとは、洋装していなかったでしょうね~。

魅力的な演技と、抜群のセンスがすてきな光石研さん!これからの活躍も楽しみに応援していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です