三木のり平の息子は芸能人?大村崑と似てる&吉永小百合が号泣?セリフを覚えない?

鼻眼鏡のとぼけた風貌が印象的な、桃屋のキャラクター「のり平」。

そのモデルとなったのは、俳優・演出家・コメディアンの三木のり平(みき のりへい)さん

のり平は桃屋のキャラクターとして今もなお愛されており、三木のり平さんも人々の心の中で生き続けていくでしょう。

そんな三木のり平さんには息子がいるようなのですが、どんな方なのでしょうか?

また、三木のり平さんのそっくりさんについて、大物女優を泣かせたという噂、セリフを覚えないという噂について調査しました。

三木のり平といえば桃屋ごはん

桃屋といえば、CMに登場するキャラクターが有名ですよね。

大きな鼻に丸眼鏡をかけたこのキャラクターは「のり平」という名前で、三木のり平さんがモデルとなっています。

のり平が出演するCMが最初に放送されたのは1958年で、それからずっと桃屋といえばのり平です,。

おそらく見たことがない人はいないのではないかというくらい有名なキャラクターで、なんと半世紀以上も愛され続けています。

モデルとなった三木のり平さんはコメディアンとして有名な方ですが、彼の活躍の幅はそれだけにとどまりません。

映画の主演を務める人気俳優でもあり、また同時に、森光子さんが出演した舞台「放浪記」の演出を担当する演出家でもあります。

演出家としての評価も高く、演出を担当した舞台で菊田一夫演劇賞や読売演劇大賞を受賞しています。

日本を代表するコメディアンである志村けんさんは、三木のり平さんが出演する「雲の上団五郎一座」を見てコメディアンを志したそうです。

三木のり平さんは芸能界に大きな影響を与えたのですね。

三木のり平の息子もコメディアン?

三木のり平さんの私生活については、あまり明かされていません。

しかし、実はご結婚されており、お子さんもいます。

奥さんが誰なのか、結婚したのはいつなのか、子どもは何人いるのかなど詳しいことはわかっていません。

ただ、コメディアンとして活躍する小林のり一さんという方が、三木のり平さんの子どもだという情報があります。

小林のり一さんはテレビにほとんど出演しないので、知っている方はあまり多くないかもしれません。

しかし、さすが三木のり平さんの息子、笑いのセンスは抜群のようです。

落語家・古今亭志ん生(ここんていしんしょう)の最後の弟子であり、笑いに厳しいと言われる立川談志さんからの評価も高かったのだとか。

また、桃屋のCMでナレーションを務めているのが、実は小林のり一さんなのです。

姿は見た事がなくても、声に聞き覚えのある人が多いかもしれません。

三木のり平と似ている大村崑

三木のり平さんにそっくりだと言われているのが、コメディアンで俳優の大村崑(おおむらこん)さんです。

確かに見た目や雰囲気がそっくりで、のり平のモデルがこの人だと言われても納得するかもしれません。

今の若い人たちは、丸眼鏡といえば大村崑さんを思いうかべる人が多いのではないでしょうか。

大村崑さんは若い頃から三木のり平さんに似ていたらしく、それもあってか三木のり平さん大村崑さんのことをとても可愛がっていたようです。

三木のり平さんは時代劇コメディ「とんま天狗」で大村崑さんの父親を演じており、そのときに「鼻眼鏡」の芸を大村さんに譲ったのだそうです。

もしかしたら、本当に息子のように思っていたのかもしれません。

お2人は本当によく似ていたようで、三木のり平さん大村崑さんに間違えられたこともあったとか。
酔っ払っていた三木のり平さんは怒りだしてしまったそうですが、普段であれば面白い返しをしてくれたかもしれませんね。
逆に大村崑さん三木のり平さんに間違えられたことがあったようで、食の細かった孫が桃屋の商品のおかげでよく食べるようになった、と話しかけられたことがあるそうです。

あれだけ似ているお2人ですから、間違えられてしまうのも不思議ではありませんよね。

三木のり平は吉永小百合とキスをして泣かせた?

三木のり平さんには、女優の吉永小百合さんを泣かせたという噂があります。

吉永小百合さんは、年齢を重ねた今も美しく可愛らしいベテラン女優。

女優なら、避けて通れないのがキスシーンです。

吉永小百合さんが15歳のときに出演した映画にもキスシーンがあり、その相手役が三木のり平さんでした。

なんと、吉永小百合さんにとってはこれがファーストキス。

仕事だからしょうがないと分かっていても、撮影後に悲しくて泣いてしまったそうです。

15歳といえば多感な時期ですし、恋愛にも憧れを持っていたかもしれません。

もし自分が吉永小百合さんの立場だったらと考えると、やはり同じように泣いてしまうという人も多いのではないでしょうか。

吉永小百合さんの記憶では、このとき唇にキスしたそうなのですが、実際の映像では額にキスしていました。

関係者によると、あまりに吉永小百合さんが号泣していたため、違う映像に差し替えた可能性があるとのことでした。

当時の吉永小百合さんには熱狂的なファンがいたので、唇へのキスシーンが公開されていたら、三木のり平さんの身が危険にさらされていた可能性もあったかもしれませんね。

三木のり平はセリフを覚えない?

俳優としても活躍していた三木のり平さんですが、全くセリフを覚えようとしなかったそうです。

1度見たら覚えられるとかそういうわけではありません。

どうしていたかというと、セリフを書いた紙を小道具などに貼って、それを見ながら演技していたんだそうです。

他の人が同じことをしたら間違いなく怒られると思いますが、誰からも愛される三木のり平さんだからこそ、許されていたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です