錦戸亮の英語がすごい!なぜ?将来は海外進出?高校中退でも成績トップだった?

ジャニーズの人気グループ、関ジャニ∞の元メンバー錦戸亮さん

2019年9月にジャニーズ事務所を退所するが公表した錦戸さんは現在、歌手活動はシンガーソングライターとしてや赤西仁さんと共に「N/A」として活動し、俳優・YouTuberとしても活動しています。

関ジャニ∞時代はボーカルとして、ドラマ映画でも主演を張るほどの演技力がある錦戸亮さんは、英語が堪能ということはご存じでしょうか。

英語力がある錦戸さんはジャニーズ事務所を退所後、海外進出などを考えているのでしょうか。

今回は錦戸亮さんのプロフィールや今後についてを紹介・考察していきましょう。

錦戸亮さんのプロフィール

錦戸亮さんは1984年11月3日生まれ、大阪府門真市出身です。

公式では身長170cmとなっていますが、実際は169.9cmで、以前「TOKIOかける」で身長測定をしたときは夜だったためか169.4cmと測定されました。

本人曰く「焼きそばと米だけ食ってここまで成長できたが、170の壁は越えられなかった」そうです。

関ジャニ∞時代はもちろんジャニーズ事務所に所属していましたが、現在は退所してNOMAD recordsに所属しています。

ジャニーズ事務所を退所した理由は「アイドル」としての自分の間にギャップが生じてきたからだそうです。

30代も半ばにして大人としての自分と肩書の「アイドル」としてギャップがあったようです。

アイドルという枠を飛び出し自分の可能性を試したかったそうです。

関ジャニ∞の演技派・錦戸亮さん

関ジャニ∞といえば関西出身の方のみで構成されている為、お笑い色が強いジャニーズというイメージです。

その一方、メンバーそれぞれが歌に演技にトークにとマルチな才能を発揮しており、錦戸亮さんも歌だけではなく、数多くのドラマに出演しています。

新人賞、助演男優賞なども受賞したことがある錦戸亮さん

連続テレビ小説「てるてる家族」やドラマ「1リットルの涙」映画「羊の木」など様々なドラマや映画に主演し多くの主演も経験しています。

演技とは思えないほどの自然感がある演技を得意としている錦戸亮さん

その理由はその役を理解することが糸口となると語っています。

その作品ごとに大きくは変わらないけれど、その分確実に役に近づく錦戸さん

その演技力はかなり高いものと言えるでしょう。

錦戸亮さんの学歴。中卒?高卒?

https://twitter.com/ninpouhmhm/status/1355102141677887491?s=20

1997年、錦戸亮さんは中学生1年生の頃にジャニーズ事務所に入所し、関西ジャニーズJr.の一員として活躍していました。

入所当時は同年の関ジャニメンバー安田章大さんと比べても身長が低く実年齢よりも幼い印象を与え、また声変わりをする前のキレイなハイトーンボイスの歌声でジュニア時代から注目されていました。

そんな錦戸亮さんは中学校が最終学歴となっており、高校には進学しましたが、中退しております。

その詳しい背景をご紹介します。

中学校は地元である門真市立第四中学校を卒業し、高校は大阪府立布施北高等学校へ進学しました。

この高校は多文化教育や帰国生徒対象の日本語学習等をおこなうなど、国際理解教育に力を入れているがっこうです。

偏差値は35と容易に入ることができますが、錦戸さんは高校に入学したころ、ソロ歌手として楽曲のリリースやドラマでの主演を果たし、かなりの多忙な時期に入っていました。

そのことで学業と仕事の両立がままならなくなり、どちらとも中途半端にいなることを懸念した錦戸さんは早い段階で中退することを決めます。

高校を中退することについては父親にも相談し、その際「中途半端に仕事を続けるぐらいなら高校を辞めなさい」と背中を押されたそうです。

しかし、高校を卒業したかったからかのちに京都府宇治市にある美術専門の京都芸術高等学校へ編入を果たします。

この高校は錦戸さんが入学した当時、昼間部のみの定時制だったので、通いやすかったのではないかと思います。

しかし、高校二年生にもなるとさらに仕事が忙しくなり、その高校も卒業せずに中退しています。

実は関ジャニメンバーは丸山さん以外中卒だそうで、みなさん早い時期から仕事優先できたことがうかがえます。

錦戸亮さんは英語がなぜ得意って有名なの?

プライベートでサーフィンをしによくハワイまで行くことがある錦戸亮さん

そんな錦戸亮さんは英語力が高いそうです。

錦戸さんの英語力はファンの間でも有名で、海外でのイベントに出席した際、海外の記者からの質問に英語で返す場面があり、現地でも通用する英語力は有名で、かつてジョニー・デップさんから関ジャニ∞内でハリウッドでも活躍するのは錦戸さんであると評価されています。

その英語力が身につくきっかけとなったのはいったいどのようなものだったのでしょうか。

そのきっかけは音楽にあります。

錦戸さんは昔から好きで洋楽を聞いていたそうで、そのことが英語の聞き取りの練習になったと言われています。

また、そのほかにも六本木のクラブで遊んでいたことからそこで外国人との交流関係があり、そこで鍛えられたのではないかとか、以前出演していた番組で英会話伝言ゲームをしていたので、そこで鍛えられたのではともいわれています。

ともかく、特に海外留学の経験もないにもかかわらず、流暢な英語を話すことはすごいことです。

現在は赤西仁さんと共同で開設したYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」でオンライン英会話サービス「DMM英会話」とコラボ企画で英語学習企画が開催されており、さらなる英語力の向上が見込まれています。

発音が良い?実際その英語力は?

錦戸さんの英語力は先にも述べた通り、外国人ときちんと会話が交わせるレベルで流暢です。

その訳はやはり、洋楽にあり、洋楽をきちんとその通りに発音することをしていたからだというのがもっぱらの噂です。

英語を聞くだけで話せるようにまでなるというと「スピードラーニング」も同じことを言っています。

その理由はスタンダードな英語を聞き続けるとそれがインプットされて実際に英語を話すときにきれいな英語で話せるようになるのだそうです。

また、書き取りをしなくても単語は頭にインプットされるようです。

錦戸さんは洋楽を聞くのと友達と日常会話もしていたそうなので、英語力のアップは必然的だったのではないかと思います。

錦戸亮さんが退所、得意の英語でハイウッド進出か

2018年1月31日、外国特派員協会にて行われた映画『羊の木』のPR会見で錦戸さんは英語でのPRをしていたことは記憶に新しいです。

本人は死ぬほど緊張していたと言っていましたが、その内容は「この映画を通して、『もし自分のコミュニティに全く分からない人が入ってきたらどうするだろう』という風に考えました。

そしてこの作品がエンターテインメントでありながら社会的な側面もある映画だなと思いました。この映画が、過疎化、そして移民などの問題について色々と考えるきっかけになれればと思っています」という内容を英語で話したそうです。

その時会場に拍手が巻き起こりました。

日常会話ではないレベルの話をかなりの長文話しています。

一般人やファンであるならばすごいなともうだけですが、錦戸さんのその後まで考えている記者の人はその流暢な英語を聞いたさい「ハリウッドを目指しているのか」と尋ねたそうです。

その質問に対し錦戸さんは、英語力を磨いたうえで、向こうの監督が「使いたい」と思えるような演技力が必要で、そのためにはもっと日本で活躍をしなければいけない、と語っていました。

しかし2019年9月にジャニーズ事務所を退所している為、今後の活動方針はやはり気になるところです。

YouTubeでの活動やインスタグラムでは「俳優志望」とも書かれたり、その後の活動が気になる錦戸さん

2019年3月からロンドンを拠点として俳優活動中の鈴木貴之さんと電話したことを報道されたり、やはり今後は海外での活動も視野に入れているのか、海外志向が強い赤西さんとも活動を共にしているため、今後はアメリカを拠点とするのではないかとのうわさもある錦戸さん

今後の活動は見逃せないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です