丸山隆平のベースが下手?スラップ奏法&ベースを弾き始めたのはなぜ?

ジャニーズの人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平(まるやまりゅうへい)さんは、ベースを演奏できるんですが、今それについて話題になっていることがあるそうで…丸山さん、ベースの演奏技術上がっているそうなんです!

ある番組でベースを演奏したんですが、それがきっかけになった様です。

元々上手だという話だったんですが、放送後、番組をみた視聴者から『上手だ』と一気に称賛の声が広まっていきました。

また名ベーシスト達も、丸山さんの事を認めていそうですよ~。

あの亀田誠治さんやハマ・オカモトさんに褒められるなんて」、すごいことですよね(^^)

今回は、丸山さんがベースを始めたっかけや、どんな演奏方法を用いているのか?など調べていきたいと思います!

丸山隆平さんのプロフィール

  • 芸名:丸山隆平
  • 本名:丸山隆平
  • 生年月日:1983年11月26日
  • 身長:推定175cm
  • 出身地:京都府京都市
  • 最終学歴:京都芸術高校
  • 所属事務所:ジャニーズ事務所

噂のスラップ奏法とは!?丸山隆平さんはどうやってベースを上達したの?という噂に迫ります!!

テレビで見かけることが多い関ジャニ∞ですが、音楽バラエティ番組テレビ朝日の「関ジャム 完全燃SHOW」にも出演しています!

その番組の中では、丸山隆平さんのベースを特訓する様子が放送(2015年11月1日)された事7もあるんですよ(^^♪

「地味で頑張りが分かりにくい」とベースに関する悩みをもっていた丸山さん

そんな中、見ごたえのあるベースの技術を身に着けるべく訪れたのがOKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんの元でした。

「スラップ奏法」とは、そのハマ・オカモトさんに教えてもらったものだったのです!

丸山さんにはたまらないスラップ奏法

勝手に仕上がれとか神曲!!

スラップ奏法には2種類あるそうで、親指で弦を叩くように弾くものと、もう1つは人差し指や中指で弦を引っ張り、指板に打ち付けるという方法を組み合わせたものだそうで、技術のいる演奏方法なんだそう。

丸山さんは1ヶ月の猛特訓の末、そのスラップ奏法をクリアしたそうです!!

そして、あの中島美嘉さんとセッションも実現させているんですよ~。

きっと物凄く努力して、自分の物にしたんでしょうね!

丸山隆平さんのベースはプロも認める腕前!?ファンにも話題に!!

丸山さんベーシストとしては、もう10年以上なんだそうです!!

そして、ベーシストとしての実力も多くの人が認めていて、ファンも沢山いるんです。

先ほどもご紹介しましたハマ・オカモトさんの他にも、亀田誠治さんやKenKenさんも、丸山さんを褒めている一人なんです(^^)

元東京事変のベーシストで、更にはスピッツなど有名アーティストも手掛けている亀田誠治さん。

メガネをかけた左端の方が亀田さんです!ご存知の方も多いのではないでしょうか!?

こちらもみなさんご存知の、シルクハットが印象的なKenKenさん!!

「Dragon Ash」や「RIZE」で活躍していますよね。

KenKenさんは色々あったようが…音楽面での活躍ぶりは健在です(^^♪

そうそうたるメンバーですよねぇ!!

フジテレビ系『魁!ミュージック』(2017年7月11日深夜)という番組で、この3名が丸山さんのベースをべた褒めしたこともありました!

【最近注目のベーシスト】という話題で、なんとあのハマ・オカモトさんが丸山さんの名前を挙げ、ほか二人も納得していたそうですよ~。

実は亀田さん丸山さんは、2011年にトークセッションしていたんですね!NHKBSの「ザ少年倶楽部ープレミアムー」というもので、先輩のTOKIO・国分さんが司会でした。

番組ではお話しされませんでしたが、丸山さんの実力をよーく知ってのことだったんですね(´艸`*)

神と崇め(笑)憧れの亀田誠治さんとの共演は、物凄く緊張してしまった丸山さん

とにかく「頼みます!」と、国分さんにも協力してもらったそうですよ!

憧れの人との共演ですからね~、無理もないですね(^^)

やはり初めは、国分太一さんと亀田誠治さんが中心となってトークが進んでいったそうで、丸山さんも視聴者のような立ち位置に…。

ですがそんな中、亀田さんが丸山さんの手を『大きさや長さもベース向きでキレイ』と褒めてくれたのです。

丸山さん嬉しかったことでしょうね!!自分のあこがれる『ベースの神様』から太鼓判を頂いちゃったんですからね~。

そんなお2人、実はテレビ朝日系「ミュージックステーション」での共演もしていたんです。

亀田さんは東京事変として、丸山さんは関ジャニ∞としてでしたが、亀田さんはちゃんと丸山さんの事を知っていたそうですよ!

『魁!ミュージック』で丸山さんを褒めたのは、実際に知っているからこそ上達していることを認めているからだったんですね!!

KenKenさんとハマ・オカモトさんとはテレビ朝日系「関ジャム完全燃SHOW」で共演もしていました!

ハマ・オカモトさんから『スラップ奏法』を教わってから数年後、2017年3月26日の放送でした。

演奏曲はなんと!RIZEの「カミナリ」です!!

これは…とっても嬉しい分、緊張しちゃいそうですね…(>_<)

しかも…ベースがズラリと3台!トリプルベース!!もうトークどころじゃなさそうですね(笑)

しにしても、ベースでもトークでも、共演したベテランのベーシストの方々の、注目の的の丸山さん!本当にすごいですよね~。

他にも『ゲストが毎週変わるなかで曲を弾き、そのゲストと共同のものを持ち、伝えている』と、「ベースマガジン」編集長からも注目されていたという丸山さん

これもきっと、丸山さんから出される、なにか輝きのようなものが溢れているっていう事ですね(^^)

音楽雑誌の編集長さんにまで注目される丸山さん、同誌にもよく登場しています!これも期待や注目度のあらわれですね!!

注目されるようになってきた丸山さんですが、ハマ・オカモトさんと対談があると今でもメモ帳を欠かさず持っていき、色々なものを吸収すべく頑張っているんだそうですよ。

こんな健気に頑張る姿もまた、皆が口をそろえて称賛する理由のひとつなんでしょうね!

そんな丸山さん、関ジャニ∞の中では『お笑い担当』なんです(*’▽’)

かっこよくベースを演奏する姿とのギャップも、丸山さんの持ち味ですね。

丸山隆平さん、初めはベースじゃなくギターだった!?ベースを始めたのはどんなきっかけ!?

実は丸山さんがベースを始めたのは、デビューよりも前の事なんです!!

一体どんな理由で、ベースを演奏してみようと思ったのでしょうか?気になりませんか??

調べていくと、どうやら最初はギターから始めたようで、『ゆず』の影響で弾き始めたんですね~。

ですが関西ジュニア当時、バンドを組むことになり、その時にベースを担当することになったとか!

丸山さんの他にもリードギターがいて、身長も高いという事で担当がきまったそうです。

そう言われると…ほかのバンドを見てもベースは身長のある人が多いですよね!!

あのL’Arc~en~Cielのtetsuyaさんも、『Kenさんよりも小さい自分が何故ベースなのか』と考えたことがあるみたいですよ。

『V.WEST』がそのバンドなんですが、メンバーには現関ジャニ∞・丸山隆平さん、安田章大さん、元関ジャニ∞・内博貴さん、今は退所していますが水野清仁さんと今山透さんの5人のバンドでした(^^)/

2人が退所後は、大倉忠義さんが新しく入っています。

『V.WEST』は関ジャニ∞の前身なんて見方もできますね!!

関ジャニ∞は楽器の経験者も多く、安田章大さんギターを、大倉忠義さんはドラムをかじっていたという事です。

丸山さんのジャニーズ入所のきっかけも気になりませんか!?

『お前は目立つことが好きだし、アホだけど、割と男前だから履歴書を送ってみたら』と言う親御さんのすすめで、1996年9月にオーディションを受けることになったんです。

そして見事合格!!関西ジュニアの練習生となりました。

先程もご紹介した前出の4人と、新たに加入したメンバーと合わせて合計8人。

現在の関ジャニ∞の形になっていますね!

音楽はもちろん、お笑い担当だったり..関ジャニ∞のメンバーと一緒に色々な面で活躍できる環境は、丸山さんにピッタリなのかもしれないですね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です