那須雄登の学歴!大学や高校は?小学生から猛勉強!出身情報も!

那須雄登さんは、ジャニーズJr.内ユニット「美 少年」のメンバーです。

那須雄登さんは、高校3年生にあたる2019年1月から『美 少年』のメンバーに選ばれています。

「美 少年」は、ジャニーズJr.に所属する6人のユニットで、ユニット名で分かる様に、6人全員、顔面偏差値が高いアイドルです。

そのメンバーの1人、那須雄登さんのプロフィール、出身大学や高校などを紹介していきます。

那須雄登さんのプロフィール

プロフィール

生年月日:2002年1月16日
年齢:18歳
出身地:東京
血液型:B型
身長:171cm
ニックネーム:なす
メンバーカラー:水色
特技:野球、数学
趣味:勉強・野球・読書
入所:2016年4月9日
憧れの先輩:櫻井翔さん(嵐)

那須雄登さんは、平安時代末期の武将、弓が得意な那須与一(なすのよいち)の弟の子孫という、血筋の持ち主です。

那須雄登さんの出身大学

2020年4月に、那須雄登さんは慶應義塾大学の経済学部へ入学しています。
そして、2024年3月に卒業予定です。

那須雄登さんが慶応義塾大学出身であることは、『池上彰のニュースそうだったのか』の番組内で紹介されています。

那須雄登さんは、高校からの内部進学組です。

ですが、内部だからといって進学しやすい訳ではありません。

厳格に審査、査定され、常に高成績をキープし続けないと進学させてもらえない超難関大学です。

那須雄登さんは裏口入学?

裏口入学だと噂が立ったのは、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(2020年4月20日放送)に那須雄登さんが、出演した際、簡単な問題に答えられなかった為です。

有名な正岡子規(歌人)の特徴的な画像を見ても、那須雄登さんは、誰か答えることができなかったのです。

しかも、一文字目の『ま』のヒントを聞いても分からず、二文字目の『さ』でやっと正解したので、ネット上で騒がれました。

しかし、次の収録では、那須雄登さんは快進撃を続け名誉挽回を果たすことができました。

那須雄登さんの得意科目は数学ですが、理系に進むと芸能活動ができないので、文転して経済学部にしたそうです。

それにしても、看板学部に合格できる頭の良さは、さすが「ポスト櫻井翔」と言われるだけありますね。

那須雄登さんの出身高校

那須雄登さんは、慶應義塾高等学校を2020年3月に卒業しています。

『みんなの高校情報』に、那須雄登さんが慶応義塾高校の卒業生として掲載されています。

毎日の睡眠時間は約4時間ほどで、学校に行く前も通学途中も勉強しないと芸能活動と両立はできなかったそうです。

那須雄登さんは、入所する前から櫻井翔さんのファンで、彼に憧れる思いで頑張ったそうです。

2017年10月号の雑誌Mojyo では、櫻井翔さんに熱烈ラブコールを送っています。

雑誌を読んだ櫻井翔さんが、菊池風磨さん(SexyZone)を介して連絡を取り、食事に誘ってくれたそうです。

その後も、櫻井翔さんにTシャツをプレゼントしてもらったりと、交流を深めていきます。

那須雄登さんは、お返しをちゃんとするそうで、櫻井翔さんに「あいつはできた子だ」と言われています。

そして、大学の入学式用のスーツまで、櫻井翔さんからプレゼントされたそうです。

櫻井翔さんが、那須雄登さんのことを気にかけてくれているのが分かります。

那須雄登さんの出身中学校

那須雄登さんは受験に合格し、2014年4月に慶應義塾中等部へ入学をしました。

那須雄登さんが慶応義塾中等部出身は、同校出身というツイートが多数あるので確かでしょう。

ジャニーズJr.になっても生徒会の活動に意欲的に参加したり、科学研究会や社会研究会にも入会していたそうです。

学校の勉強だけでも大変なのに、中学生時代も忙しくしていたようです。

那須雄登さんの父親は甲子園球児!そして巨人ファン

那須雄登さんの父親は、甲子園に出場したことがある経歴の持ち主です。

その父親の影響で、小学1年生から野球を続けていた那須雄登さんは、右打ちから左打ちに変えるなど、野球について深く研究しています。

ドッヂボールの投げ方も、野球投げだそうです。

那須雄登さんは、2000本安打を達成したジャイアンツの坂本勇人さんの大ファンです。

那須雄登さんの出身小学校がどこなのかは分かりませんが、TVでの発言から、都内の小学校に通っていたと思われます。

ジャニーズが好きな那須雄登さんを見て、親戚の方が事務所へ履歴書を送りました。

那須雄登さんは、オーディションの通知案内が来たときは、嬉しすぎて呆然としたそうです。

オーディションでは、野球の素振りを披露したみたいです。

那須雄登さんは、ジャニーズに入所したばかりの時は、戸惑いもあって少し暗かったそうです。

ですが、東京ドームで開催された野球大会で、ファンたちの歓声を聞き、アイドルの威力を肌で感じました。

このことがきっかけになって、アイドルの仕事を本格的に頑張ろうと決めたそうです。

那須雄登さんの出身小学校

https://twitter.com/nasukun_116414/status/1340195179962060800?s=20

那須雄登さんの出身小学校は、はっきりと分かりませんでした。

那須雄登さんのテレビでの発言から、小学校は東京都内だと思われます。

那須雄登さんの勉強時間は、驚愕の16時間

櫻井翔さんに憧れていた那須雄登さんは、同じ学校に入学するために小学生で1日16時間も勉強していました。

母親からは、「お城みたいな学校があるよ」と慶應義塾中等部を勧められたそうです。

小学5年生の時は、野球に没頭していたこともあって合格ラインには全く届かなかったのですが、主に復習に力を入れて勉強をしたそうです。

1時間勉強して、10分休むというペースを守り、16時間もの長い間、集中力をキープし続けていたようです。

小学校低学年の時には、様々な職業を紹介する『13歳のハローワーク』(村上龍さん著)を読んでいたので、元々好奇心もあって、頭が良かったと思います。

大人顔負けの頭が良いクールな少年と思いきや、大小の白いクマのぬいぐるみを大事にする可愛らしい一面もあります。

大きなクマは日中用、小さなクマは寝る用と使い分けてたそうです。

そして、小学1年生の時に買ってもらった机を、今でも愛用しているようです。
那須雄登さんは、子供の頃から可愛い顔をしています。

しかも、慶應義塾に進学し、高スペックすぎです。

那須雄登さんは、櫻井翔さんに憧れて1日16時間も勉強したすごい努力家でストイックだということが分かりました。

これから、那須雄登さんが幅広いジャンルで、どんな活躍をしていくか楽しみで仕方ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です