横山裕は芸名?本名?身長・出身地を調査!名言多数?

関ジャニ∞横山裕(よこやま ゆう)さんは、ジャニーズ事務所の中でも珍しく、芸名を持っている一人なんです。


ではなぜ、芸名で芸能活動を始めることになったんでしょうか!?

横山裕さんの本名は横山侯隆!芸名にした理由は?

横山さんの本名は、横山侯隆(よこやま きみたか)さんと言います。


なぜ『横山裕』という名前になったかというと…ジャニー喜多川社長に『YOU!この漢字が読めないよ!』と言われたからということなんです( ;∀;)


うーん、侯隆(きみたか)って、確かに分かりにくいかもしれないですね~。


みなさんご存知の方も多いと思いますが、ジャニーさんの口癖は『YOU』ですよね~、それにちなんで、『裕(ゆう)』という分かりやすい芸名が誕生したそうなんですよ!


でも中には、横山さんの事「きみちゃん」と呼んでる人がいるうんですが、それは相葉雅紀さんなんです!


横山さん相葉さんが、プライベートでも、と~っても仲良しなことが分かりますよね~。


横山さんは、1981年5月9日生まれなのでなので、2020年は39歳になります。


ジャニーズ事務所所属のタレントさんは、30代での結婚はなかなか難しいと言われていますが、もうすぐ40歳ということですので…横山さんもひょっとしたら電撃結婚!なんてこともありえるかも?しれないですね。


というより、横山さんもうそんなお歳だったんですね!もっと若いと思ってたのでびっくりでした( ;∀;)


身長は176cmと結構高身長だったんですね~。


身長たかい~!テレビだと小柄なイメージがあったので、ちょっと意外でした!!


関ジャニ∞』のメンバーですから、もちろん出身は関西圏。
出身地は大阪府の大阪市です!

横山裕さんは中卒?高卒程度認定試験に合格?

続いては、横山さんの学歴も見てみたいと思います。


横山さんって、しばらく中卒だったのですね~。


ですがちゃんと高卒認定試験に合格しています!「関ジャニの仕分け∞」(2015年1月17日放送)という番組内で、合格されていました。


同じ関ジャニ∞のメンバー、大倉忠義さんと一緒に受験をして、見事!合格しました!!


たしかに高卒認定試験があれば、色々な方面で選択肢が増えますもんね~。


いや~、芸能界のお仕事だけでも忙しそうなのに、頑張ったんですね!!


横山さん、なんとトランペットも演奏できちゃうんですが、こちらも練習を重ねて努力した結果なんだと思います。


ギターやベースが弾けるメンバーもいるそうなので、自分も何できるようになりたい!という思いで練習したんでしょうね~。

コツコツと努力を重ねて、ちゃんと成果を出していく横山裕さんなのでした!!

横山裕さんの名言が素晴らしい!と評判

横山さんといえば…数々の『名言』を残しているんですが、みなさんはご存知ですか?


まずは、こちらをどうぞ…


『心から言ってやる。関ジャニ∞は最高で最強だ。俺は関ジャニ∞でほんまに良かった。関ジャニ∞が大好きだ』


わぁ~、横山さん関ジャニ∞、メンバーのことが大好きなんですね(^^♪
関ジャニ∞愛がた~っぷりの、名言でした!ほかのメンバーも嬉しかったでしょうね!!


メンバーで幸せだっていう気持ちが伝わってきますね。


続いては..こちらをご覧ください。


『このメンバーが出逢ったんは「運命やな〜」とか思えへんわ、別に。当然やと思ってるわ』


出会ったのが当然!って男前すぎませんか!!カッコいいですね~!(^^)!


運命とか、偶然とか、普通に使ってしまいそうですが、あえて使わないのがまた横山さんの凄いところですね~。


こちらも、関ジャニ∞へ愛が凄く感じられますよね。


さらには、こんな名言?もありましたよ。


『人間だけが笑えるんです。 泣くのは簡単。怒るのも簡単。笑うのが一番難しいけど笑っていきましょう』


深い!これは深いですね~。


人間にしか与えられてない『笑顔』、これ大事ですよね!

どんなつらい時も苦しい時も、笑って乗り越えようっていうメッセージが、なんだかジーンときました。


これもきっと、関ジャニ∞のメンバーに支え支えられてきた、横山さんだから言える名言なのかもしれませんね!!


泣いているより、明るく笑って過ごしていきたいですもんね~。

他には、夢についての名言も出てきました!


『なりたいじゃなくて「なる」 やりたいじゃなくて「やる」そう思わな夢は自分のものにならんからな!』

このセリフも、夢を持つ人みんなが心に置いておきたい言葉ですね!


それに、仕事もしっかりこなして、その傍ら高卒認定試験にもちゃんと合格できる横山さんだから言える名言ですよね~。


他にもたくさんの名言があるんですよ!

横山さんだから残せる名言ばかりで、きっとそんな横山さんのことを誇りに思っているファンも多いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です