山田涼介、驚異の筋肉。腹筋トレーニング方法とは。腰痛の原因、怪我と体調について

整った顔立ちだけでなく、甘い歌声やキレのあるダンスもかっこいい山田涼介(やまだ りょうすけ)さん

ジャニーズの人気グループ「Hey! Say! JUMP」に所属しています。

トップアイドルでありながら、ドラマや映画にも多数出演する人気者です。

さらに魅力的なのは、鍛え抜かれた腹筋。

体を鍛えていると聞くと頑丈そうなイメージがありますが、山田涼介さんにはひどい腰痛で救急搬送されたという過去があります。

救急搬送されるほどの腰痛は、何が原因だったのでしょうか?

また、現在の体調は大丈夫なのでしょうか?

山田涼介さんの筋肉やトレーニング方法も合わせて紹介します。

山田涼介のプロフィール

山田涼介さんは、1993年5月9日生まれのB型。

東京都出身です。

身長は164cm。

2004年8月、ジャニーズ事務所に入所しました。

堀越高等学校を卒業しています。

男らしい身体をもつ山田涼介の筋肉

山田涼介さんは、どちらかというと小柄なイメージがありますよね。

身長は164cmとあまり大きくなく、それがコンプレックスなのだそうです。

そんな山田涼介さんは、「上に伸びなかったから横で伸びていこう」と考え、筋肉をつけ始めたそうです。

身長は伸ばそうと思って伸ばせるものではありませんが、ひねくれることなく、他のところでカバーしようと努力されたのですね。

ないものばかりを見てもしょうがない、今あるものを活かしていこうというポジティブな考えが素敵ですよね。

努力の甲斐あって、中性的な見た目からは想像できないほどの筋肉を手に入れた山田涼介さん。

きれいな顔立ちと男らしい筋肉とのギャップに、ときめいているファンが大勢いることでしょう。

しかも、体脂肪率は5%ほどしかないのだそうです。

なんと、筋肉がすごすぎてウェットスーツが破れてしまったこともあるんだとか。

山田涼介の腹筋を作るトレーニング方法とは

山田涼介さんの筋肉はどこも素敵なのですが、特にすごいのはきれいに割れた腹筋ではないでしょうか。

この腹筋は、山田涼介さんの並々ならぬ努力によって作られたものです。

ジムでのトレーニングの他に自宅でも自主トレをしており、基本的に筋トレは毎日欠かさないそうです。

ジムではトレーナーをつけた本格的なトレーニングを行い、18時以降に食事をとらないという軽い食事制限もしているようです。

そしてなんと、山田涼介さんはライブ前にもトレーニングしているのだとか。

ライブに備えて体力を温存しておく人が多い中、山田涼介さんはライブ前のトレーニングも毎回行っているそうです。

山田涼介さんの場合は、トレーニングを行ったほうが調子がいいとのことです。

あの魅力的な腹筋は、努力の賜物なのですね。

腰痛にも屈しない山田涼介のプロ根性がすごい

山田涼介さんは、2016年10月にひどい腰痛で救急搬送されたことがありました。

ライブのリハーサル中、あまりの腰痛に耐えられなくなり倒れてしまった山田涼介さん

しかしライブ本番が近かったため、腰痛に耐えながらどうにか2日間の公演を終えました。

倒れてしまうほどの腰痛を我慢しながらのライブは、相当きつかったのではないでしょうか。

痛みに耐えきれず、MCの途中に裏で休んだりしていたそうです。

そして2日間の公演を終えた後、病院に救急搬送されたとのことでした。

その後も公演の予定がありましたが、山田涼介さんの腰の状態は非常に悪かったようでドクターストップ。

それにもかかわらず、山田涼介さんは痛みを我慢し、残りの公演も乗り切ったのです。

とても辛かったと思いますが、さすがのプロ根性です。

しかしファンからすると、山田涼介さんの姿をライブで観ることができてうれしい反面、心配でもあったようです。

気持ちはうれしいけれど、無理はしないでほしいという声もありました。

腰痛の原因となった怪我とその後の体調

山田涼介さんはまだお若いですし、普段から行っている筋トレで腰回りの筋肉も鍛えられているはずなので、腰痛とは無縁なように思えますよね。

しかしあまりの傷みに倒れてしまうほど、ドクターストップがかかるほど腰痛が悪化してしまいました。

それはなぜなのでしょうか?

その原因は、2016年に放送された「FNS 27時間テレビフェスティバル」の中で行われた”スーパーダンク選手権”というコーナーではないか、と言われています。

このコーナーでダンクに挑戦した山田涼介さんでしたが、着地に失敗してしまったのです。

トランポリンに足が引っかかり、マットのないところに着地して転倒してしまった山田涼介さん

そのときは「大丈夫です。」と言っていたそうです。

しかし、足を気にする素振りを見せていたようなので、やはりこのときに足を痛めていたのでしょう。

その後ダンスを踊る場面がありましたが、おそらく傷めた足を庇いながらだったのだと思われます。

そのため腰にとんでもない負担がかかり、救急搬送されるほどのひどい状態になってしまったのではないでしょうか。

また、山田涼介さんの腰痛を悪化させたのではないかと言われている出来事がもう1つあります。

それは、2016年に放送された山田涼介さん主演の月9ドラマ「カインとアベル」でのワンシーンです。
殴り合いの末、山田涼介さんが階段から転げ落ちてしまうというシーンでした。


こちらも腰への負担が大きそうです。

倒れるほどに腰痛が悪化してしまったとなると、現在の山田涼介さんの体調が心配ですね。

腰痛は繰り返しやすいと聞きますが、大丈夫なのでしょうか?

気になっている方も多いとは思いますが、腰痛のその後については、山田涼介さんから特に何も語られていません。

良くなったのかもしれませんし、あれから腰痛と付き合い続けているのかもしれません。

どちらにせよ、山田涼介さんは今でもキレのあるダンスを見せてくれています。

体を大事にしつつ、これからも頑張ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です